芸能

“木村花さん死去”の「テラハ」放送休止でSNS対応に頭を抱えるテレビ界事情

 5月23日、女子プロレス団体「スターダム」の木村花さんが亡くなったことを所属団体が発表し、衝撃が走った。

 団体は「詳細につきましては、いまだ把握出来ていない部分もあり、引き続き関係者間の調査に協力してまいります」としており死因は不明だが、木村さんがSNSで誹謗中傷を受けていたことやその経緯から“自死ではないか”との見方がもっぱらだ。

「木村さんは23日未明、自身のインスタに、『愛してる、楽しく長生きしてね。ごめんね』とのメッセージを入れた愛猫との自撮りなどを投稿していました。それ以前から、出演していたNetflixで配信中の恋愛リアリティ番組『テラスハウス』での言動について再三にわたってSNS上で非難されていたことから、その中傷が影響しみずから命を絶ったのではないかとの見方があります」(ネットウオッチャー)

 木村さん死去の情報が流れるや、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅやタレントの武井壮、モデルの藤田ニコル、お笑いタレントのスマイリーキクチなどがツイッターでネットの誹謗中傷を猛批判。SNS上には、木村さんに批判を浴びせかけていたツイッターユーザーに対する怒りの声も溢れた。結局、そうした動きは犯人捜しの流れとなり、吊るし上げの状況を生むなど連鎖を生んでいるが、頭を抱えているのがテレビ各局の制作サイドだ。

「『テラハ』を制作するフジテレビは、木村さんの死を受け番組の地上波放送とNetflixでの配信休止を決定しましたが、今回の件は番組作りにおいても大きく影響しそう。というのも、今やバラエティのみならずドラマでさえも、SNSを意識した番組作りが中心になりつつあり、反響を見ながら構成を変更する時さえある。つまり、誹謗中傷というものがなくならない以上、そういった番組の出演者はいつ個人攻撃の対象になってもおかしくない状況に晒されているわけで、その火の手もどこから上がるか分からない。今回の件も、風向きが変われば番組批判へつながる可能性も孕んでいるため、敏感にならざるをえないでしょうね」(バラエティ番組制作関係者)

 もとよりネットの誹謗中傷行為は言語道断。今後、根本的な対策が必要になってくることは間違いない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】