芸能

陣内智則、松本人志に“ガチダメ出し”喰らいながらも「ツイていた」理由とは?

 ダウンタウンの松本人志から「全然おもしろくない」とラジオ番組でガチダメ出しされた過去があると陣内智則が激白した。

 陣内のYouTubeチャンネル〈陣内智則のネタジン〉、5月13日投稿の〈陣内智則【芸人人生大ピンチの話】松本人志ガチダメ出し!〉でのことだ。

 この回は、陣内が28年の芸歴を振り返り、芸人人生大ピンチについて語る内容だった。

「一番尊敬する存在、松本人志。ダウンタウンにあこがれてこの世界に入って、今、あこがれたダウンタウンと仕事ができてる。こんな幸せなことはない」

 と、番組冒頭の陣内だが…ダウンタウンと初共演となったバラエティ番組〈ダウンタウンDX〉(日本テレビ系)のスタッフとの事前打ち合わせが悲劇の始まりだったと語る。

 陣内には、誤ってファミコンにカレーのルーをかけてしまうという「天然」のエピソードがあった。

 スタッフからそれをスタジオトークで語ってほしいと請われたが、「天然の話は自分で言うやつほどイタイやついないですよ」と一度は断った陣内。

 しかしスタッフから猛烈にプッシュされ、結果的には収録で披露し、案の定「やってもうたなあ。ダウンタウンDXもう出演ないし、ダウンタウンさんもおもんないと思われてんのやろなあ」と、新幹線で東京から大阪に帰る道中がっかりしていたという。

 すると案の定、その晩、ダウンタウンの松本人志と放送作家の高須光聖氏がパーソナリティを務め、2001年から2009年まで放送されたラジオ番組「放送室」(JFN系)の中で、松本が「オレちょっとショックやったわ。お前(高須氏)がおもしろいと言ってたかもしれないけど、全然やな。天然の話をな自分でしてんねん」と高須氏が推していたという陣内に対して散々なダメ出しだったそうだ。

 しかし陣内が「ツイてる」と語るのは、それをリアルタイムで聴いていなかったからだという。その後、奇跡的にダウンタウンと共演の機会に恵まれ、息が合ってきたところでTwitterで〈放送室〉のことを知り、初めて聴いた時には冷や汗が出たという。しかし、芸人として自信もついてきた「今で良かった」と、ホッと胸をなでおろしたようで、リアルタイムで放送を聴いていたら、もしダウンタンからオファーが来ても、あまりの恥ずかしさに、「断ってたか、(芸人を)辞めてたか…」と胸の内を明かした陣内だった。

 視聴者から、〈この放送室聴いてた!素人の俺が聞いても陣内大丈夫か?芸能界やっていけんのか?って思った〉とのコメントもあった。番組をおもしろくしようとのスタッフの意図だったのだろうが、それがきかっけで陣内は芸能界から姿を消していたかもしれない…。しかし、その苦境をひっくり返したのだから、陣内もまた運と実力の持ち主なのだろう。やはり世に出る芸能人はモノが違うと感服せざるを得ない。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え