芸能

米倉涼子、「ドクターX拒絶」報道も「そもそも医療ドラマは無理だった」指摘

 今年の3月いっぱいで所属事務所から独立した女優の米倉涼子がテレビ朝日に対し、10月期に予定されていたドラマ「ドクターX」の降板を申し出たと5月26日発売の「女性自身」が報じた。テレ朝は米倉からの“拒絶宣言”を受けた形で、広瀬アリスと木村文乃メインの新企画に方向転換したとある。米倉は、大門未知子というキャラクターイメージが付きすぎることを懸念しての結論だったようだ。

「そもそも、今年の秋スタートのドラマに『ドクターX』は無理だったと思いますよ。新型コロナウイルスの影響で、医療ドラマの制作は困難なんです。『ドクターX』の見せ場は、何といっても大門の手術シーン。あれはもちろんセットですが、使っている道具は本物。コロナが落ち着いたとはいえ、まだまだ医療現場が大変なこの時期に、医療機器や術着、ゴーグルやマスク、グローブに至るまで、撮影のために使うのは、視聴者に悪い印象を与えかねません。何より、毎週登場する手術室という密な空間は、撮影現場でコロナを発生させてしまうかもしれませんからね」(ドラマ制作関係者)

 今後、米倉は、ミュージカルに打ち込みたい意向があるという。

「米倉が『ドクターX』を蹴ったことで、他局は新企画を練って彼女に持っていくはずです。ただ、米倉は『CHICAGO』のロキシー・ハート役を初演した時に『この役をやるために女優になったと実感した』と答え『ライフワークにしたい』とも言っていました。今後は、好きな役を突き詰められる女優になりたいのではないでしょうか」(芸能ジャーナリスト)

 どうやら「ドクターX」の新シリーズは拝めそうもなく、それは残念だが、信念を貫いた米倉には、新たな輝きを見せていただきたいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
3
関口宏をガン無視!浜口京子が「サンデーモーニング」をブチ壊した「あっぱれ!」絶叫連呼
4
プーチン「暗殺」覚悟のイラン訪問で待ち受けるロシア「勝利宣言」悪夢の結末
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫