芸能

高橋英樹、10年前の十津川警部がマユが吊り上がっていた“年齢以外の理由”

 俳優の高橋英樹が自身の当たり役である十津川警部の秘密を明かし、ファンを驚かせた。

 5月23日のブログで「西村京太郎トラベルミステリー 十津川警部シリーズ」(テレビ朝日系)がBS朝日で同日夜に再放送されることを告知。あわせて、テレビをスマホで撮影したと思われる、ドラマの画面を公開した。さらに放送が終わった後のブログで、妻の高橋美恵子から、昔と今の違いを指摘されたと明かしている。

 十津川警部ファンなら誰もが気になる違いとは、目のこと。10年前のほうが目が上がっていると言われたとか。それを聞いた高橋はマユをカットし、つり上がったマユにしている。これぞ十津川警部といった印象に仕上がったが、「怖すぎる」と言われたそうで笑顔のショットも公開した。

「警視庁捜査一課の十津川警部は悪を決して許さない、正義感あふれる刑事です。劇中、厳しい顔をしていることが多いので、どうしても目が上がってしまうんです。ただ、10年前のほうがよりつり上がっているとは考えもしませんでした。歳を重ねたことで十津川警部も温和になっているということでしょうか」(テレビ誌ライター)

 今回、再放送されたのは10年に放送された第53作「山形新幹線 つばさ111号の殺人」。殺人事件の目撃者の1人が殺され、他の目撃者も行方不明になるという事件を十津川警部が追うという物語。東北新幹線の「やまびこ」と「つばさ」が事件の鍵を握る。

「この第53作と今の作品の違いを挙げるなら、『亀さん』こと亀井刑事のキャスティングです。第53作は愛川欽也さんが演じていましたが、12年に放送された第58作からは高田純次に代わりました。愛川さんとのコンビはいい意味で緊張感があり、高橋も気を抜けなかったのではないでしょうか。そのため目がつり上がっていたのかもしれません」(前出・テレビ誌ライター)

 その十津川警部シリーズは新型コロナウイルスの感染拡大が始まる前の3月、撮影が始まったことを高橋が明かしている。残念ながらロケは中断されたが、再開される日を待ち望むファンは多い。最新作で高橋英樹の目はどうなっているのか。また1つ新たな注目ポイントが生まれたのは間違いない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
吉岡里帆 ドラマ「レンアイ漫画家」で“27秒42回”バスト揺れも大爆死の舞台裏
3
広瀬すず、“前かがみ美バスト写真”で飛び交った「ネメシス」視聴者の願いとは?
4
田中みな実が小泉孝太郎と「政略結婚」工作
5
新井恵理那の「彼氏と宅飲み」写真/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(3)