芸能

高橋英樹、10年前の十津川警部がマユが吊り上がっていた“年齢以外の理由”

 俳優の高橋英樹が自身の当たり役である十津川警部の秘密を明かし、ファンを驚かせた。

 5月23日のブログで「西村京太郎トラベルミステリー 十津川警部シリーズ」(テレビ朝日系)がBS朝日で同日夜に再放送されることを告知。あわせて、テレビをスマホで撮影したと思われる、ドラマの画面を公開した。さらに放送が終わった後のブログで、妻の高橋美恵子から、昔と今の違いを指摘されたと明かしている。

 十津川警部ファンなら誰もが気になる違いとは、目のこと。10年前のほうが目が上がっていると言われたとか。それを聞いた高橋はマユをカットし、つり上がったマユにしている。これぞ十津川警部といった印象に仕上がったが、「怖すぎる」と言われたそうで笑顔のショットも公開した。

「警視庁捜査一課の十津川警部は悪を決して許さない、正義感あふれる刑事です。劇中、厳しい顔をしていることが多いので、どうしても目が上がってしまうんです。ただ、10年前のほうがよりつり上がっているとは考えもしませんでした。歳を重ねたことで十津川警部も温和になっているということでしょうか」(テレビ誌ライター)

 今回、再放送されたのは10年に放送された第53作「山形新幹線 つばさ111号の殺人」。殺人事件の目撃者の1人が殺され、他の目撃者も行方不明になるという事件を十津川警部が追うという物語。東北新幹線の「やまびこ」と「つばさ」が事件の鍵を握る。

「この第53作と今の作品の違いを挙げるなら、『亀さん』こと亀井刑事のキャスティングです。第53作は愛川欽也さんが演じていましたが、12年に放送された第58作からは高田純次に代わりました。愛川さんとのコンビはいい意味で緊張感があり、高橋も気を抜けなかったのではないでしょうか。そのため目がつり上がっていたのかもしれません」(前出・テレビ誌ライター)

 その十津川警部シリーズは新型コロナウイルスの感染拡大が始まる前の3月、撮影が始まったことを高橋が明かしている。残念ながらロケは中断されたが、再開される日を待ち望むファンは多い。最新作で高橋英樹の目はどうなっているのか。また1つ新たな注目ポイントが生まれたのは間違いない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
2
上白石萌音、広瀬すずの美バストがくっきり!2021年の“アクシデント”ショット大賞が決定
3
片瀬那奈 事務所退所で引退危機も「1億円」であの業界からオファー?
4
岡副麻希、視聴者騒然!シートベルトがガッツリ食い込んだ“Cバスト”のド強調
5
鬼束ちひろ、逮捕で注目された「“豊かなバスト見え”誕生日会の動画」に称賛!