政治

吉村洋文知事が会見で“いつも同じロゴ入り服”を着る「切実理由」とは?

 独自の大阪モデルを打ち出し、コロナ対策に取り組む大阪府・吉村洋文知事の評価がうなぎのぼりだ。

 政治部デスクが説明する。

「毎日新聞のアンケートでは『東京アラート』の小池百合子都知事を大きく引き離し、“評価できる政治家”1位に選ばれました。通天閣を黄色からグリーンに変えたほか、医療関係者へのQUOカード配布、ライブ会場でのクラスター追跡システムなど、矢継ぎ早にコロナ対策を打ち出すスピード感ある手腕が府民から絶大な人気を得ています」

 コロナ対策で名を挙げた44歳のイケメン知事だけにマスコミも放っておかない。

「連日の会見がワイドショーで中継されるほか、報道番組にも特別出演するなどまさに時の人。政党支持率の世論調査では、日本維新の会を、立憲民主党を抜いて野党の1位に押し上げたのも、ひとえに吉村知事の存在があったことは否めません」(前出・デスク)

 一部ではアベノマスクで人気凋落の一途の安倍総理に代わる、次期総理まで待望する声まで出ているのだが…。

 在阪ジャーナリストが、その舞台裏を打ち明ける。

「大阪府は”府市合わせ”の二重行政で財政が火の車です。そのため維新は都構想を打ち出し、保健所など公的機関を統合・撤廃してきました。その一方で、2025年には大阪万博の開催が控えており、開催にはIRマネーによるインフラ整備が不可欠なのです。吉村知事も6月3日の会見で、コロナ禍でもIR誘致を是が非でも進める意思を強く語っています。とはいえ、すでに米大手のカジノ事業者は日本でのIR開発から見送ることも決めており、これ以上立退かれては大阪は“焼け野原”と化してしまう。知事が連日、『2025EXPO』のロゴ入りの服でコロナ対策に取り組んでいるのは、何としてもIR誘致を進めて万博も成功させようという強い祈りの意味が込められているように思えますよ」

 アフターコロナでもカジノが「ごっつ儲かれば」いいのだが、いろいろな意味で今が正念場なのかもしれない。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」