芸能

「性ハラ報道」箕輪厚介に「忌野清志郎ファンが憤慨」の理由!

 5月16日に「文春オンライン」が報じた幻冬舎の“天才編集者”箕輪厚介氏を巡る「性的ハラスメント告発」が波紋を広げている。

 同サイトによれば、自身が既婚者であるにもかかわらず、書籍を制作する過程でライターである女性に性的な関係を迫っていたという箕輪氏。ネット上での批判を受け、6月8日にはツイッターで〈僕自身、一般的常識を欠き、傲慢な人間になっていたことを自覚し、深く反省しております〉と謝罪。コメンテーターとして出演していた「スッキリ」(日本テレビ系)など今後のテレビ出演の自粛を発表した。

「性ハラ問題」の渦中の人物となった箕輪氏について「仮に数年間自粛したとしてもふたたびテレビに戻って来るのは不可能でしょうね」と語るのはワイドショー関係者だ。こう話す。

「立場を利用したハラスメントの悪質さもさることながら、最初の報道の直後に『居直り動画』が流出したのが致命的。あの動画が原因で“コメンテーター生命”は絶たれたも同然です」

 被害女性による性ハラ告発と同じく「文春オンライン」が報じた「居直り動画」。箕輪氏が自身のオンラインサロン会員向けに“何が性的ハラスメントだよ”という意味の言葉を、吐き捨てるような口調で言い、最後に「ボケ」と付け加えるなど不満を漏らす動画をライブ配信していたことが明らかになった。

 さらにこの関係者は「あの動画によって『忌野清志郎ファン』が、箕輪氏に憤慨しているんです」と続ける。いったいなぜなのか。

「箕輪氏は動画内で『忌野清志郎の言葉に、“自分の手で食っていく奴が簡単に反省しちゃいけない“という言葉があって』と自分が反省しない理由を清志郎になぞらえて語っているんです。私の知人の清志郎ファンも『都合よく清志郎を利用しやがって』と立腹していましたよ」(前出・ワイドショー関係者)

 まさに、「口は災いの元」である。

(山倉卓)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
華村あすか、平成最後の仮面ライダー女優が夏の爽やか水着で魅了!
2
いまだ和解できず!フジモンとバッファロー吾郎・木村が絶対共演しない理由
3
あの「りさお姉さん」が強そうになってる!ガッチリ化にパパたちの涙
4
石川佳純が“極太棒”を手に…思わずニンマリの妄想爆発ショットとは?
5
多部未華子、共演多数の三浦春馬さん死去にコメントを出さない「理由」