スポーツ

一冊5500円!元フィギュアスケーター・町田樹の初著書の「スゴイ中身」

 2014年ソチ冬季五輪に男子フィギュアスケートの日本代表として出場し5位入賞。その年の世界選手権でも2位など、輝かしい成績を残した町田樹氏が、6月15日に自身初となる著書を出版した。

 羽生結弦選手や浅田真央、ブライアン・オーサーコーチなどフィギュアスケート関連の出版物はベストセラーになることが多く、現役時代からのファンやスケートファンが買い求めるのではないかと思われるが、町田氏の著書はいささか勝手が違うようで…。

「町田氏の本は、値段がなんと税込み5500円。ちょっと気軽に買える値段ではないのですが、それもそのはず、『アーティスティックスポーツ研究序説:フィギュアスケートを基軸とした創造と享受の文化論』(白水社)というタイトルの学術書なんです」(女性誌記者)

 町田氏は2014年の年末に世界選手権の出場辞退とともに電撃引退を宣言。その理由が大学院進学だった。2015年4月に早稲田大学の大学院で学生生活を始め、博士号の学位を取得。今回の本は博士号の学位論文に書き下ろしを加筆した1冊なのだという。

「全六部構成で、美学論、著作権論、作品批評論、市場経済論、産業論、アーカイブ論と多角的にとらえ、現状とこれからのこの分野のスポーツがどうあるべきかを考察しています」(前出・女性誌記者)

 2018年からは慶応大学、法政大学でも非常勤講師として教鞭をとっていた町田氏。2020年10月からは国学院大学で助教として着任する。

 フィギュアスケートから大学助教へ。華麗なる転身の証がこの書籍なのだ。(芝公子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」