芸能

天才テリー伊藤対談「山田邦子」(1)大御所扱いされるのに飽きちゃった

●ゲスト:山田邦子(やまだ・くにこ) 1960年、東京都生まれ。「笑ってる場合ですよ!」(フジテレビ)の素人勝ち抜きコーナーで勝ち抜き、太田プロダクションに所属。81年、「邦子のかわい子ぶりっ子(バスガイド篇)」でレコードデビュー。同時期の漫才ブームから派生したお笑いブームに乗り、「オレたちひょうきん族」(フジ)に初期から参加。その後、「クイズ!年の差なんて」(フジ)、「MOGITATE!バナナ大使」(TBS)、「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」(フジ)など、多くのレギュラー番組を持ち、88年から95年までNHK「好きなタレント調査」で8年連続1位となる。2019年6月、太田プロダクション退社。フリーを経て、今年1月「アスリート・マーケティング」に所属。2月、YouTubeに「山田邦子 クニチャンネル」を開設した。

「オレたちひょうきん族」「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」など数多くのバラエティー番組で時代を席巻した山田邦子。長年所属した太田プロを飛び出して新たな挑戦を楽しむ彼女に天才テリーがググッと接近。いい話を聞くつもりが、なぜか下半身の話題に!?

テリー 邦ちゃん、俺と初めて会ったの、どこか覚えてる?

山田 確かIVS(テリーが所属していたテレビ制作会社)ですよね。

テリー そう。マンションヘルスみたいな狭い事務所に太田プロの人が連れてきたの。邦ちゃんはその頃もう知名度もあったのに、目の前でバスガイドのネタをやってくれたんだよね。

山田 へぇ~、全然覚えてない。IVSさん、お世話になりましたよ。私はその頃、(ビート)たけしさんがやってた「北野屋」で、テリーさんに朝までダラダラと人生相談したのが印象に残っていますね。

テリー 邦ちゃん、今年で芸能生活40周年なんでしょう。ということは、それって俺が30歳、邦ちゃんが20歳の時の話だ。

山田 ハッハッハ、若い!言ってみれば清野菜名と生田斗真みたいな感じ。

テリー 本当だ、なぜセックスしなかったのかねぇ。

山田 私が好みじゃなかったからでしょう。

テリー 邦ちゃんは戦友だからね。

山田 いやいや、とんでもない! テリーさんは大先輩の神様みたいな方です。本当にかなわないし、「この人、どうかしてるな」って何回思ったことか(笑)。たけしさんがあそこまでハジけたのも、テリー伊藤がいればこそだと思いますよ。

テリー いやいや、そんなことないよ。

山田 積もった雪の中にプールを作って、(たけし)軍団メンバーを飛び込ませたりとか、すごかった。寒中水泳なのに「ハワイでーす!」って言わせて、たけしさんも「ひでえなぁ」って言いながら大喜びしていて。よく誰も死ななかったですよね。

テリー いい時代だったんですよ。ところで去年、太田プロから独立したよね。あらためて、どういう経緯だったの?

山田 デビューからずっといて何ら問題はなかったんですが、大御所扱いされて、ただ事務所にいるだけみたいになっちゃったのに飽きちゃった。もうちょっと時代に合った新しいこと、自分が楽しめることをやりたいと思ったんですね。

テリー それは太田プロではできなかったの。

山田 もちろん、最初に言いましたよ。でも、腰が重くてなかなか動いてくれないので、「だったら、お願いだから辞めさせて」「いや、だめだ」っていうやり取りを1年くらいやって‥‥。これで太田プロがガタガタしているなら「しかたないな」と思いますけど、有吉(弘行)、劇団ひとり、土田晃之、ダチョウ倶楽部とか、みんなすごく人気者になっているから、別に私がいなくなっても何も変わらないんじゃないかな、と思って。

テリー なるほどね。

山田 あと乳ガンを治療してからチャリティーコンサートやボランティア活動をするようになって。自分でタレントさんに連絡したり、団体チケットを取ったりみたいなことをして、全国を回っていたので、これなら事務所がなくても大丈夫かな、とも思えたんですよ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」