芸能

吉川晃司がもったいない?視聴率低迷「探偵・由利麟太郎」に”ダメ出し”続々!

 第2話の平均視聴率が6.3%だった、吉川晃司主演のドラマ「探偵・由利麟太郎」(フジテレビ系)。同ドラマは金田一耕助シリーズなどで知られる作家・横溝正史の長編小説が原作で、京都を舞台に探偵(吉川晃司)とミステリー作家志望の助手(志尊淳)が数々の難事件に挑む。

「ドラマ開始前には、吉川と志尊のコンビということで、テレビ関係者の間でも話題になっていましたが、フタを開けてみれば初回の平均視聴率は9.6%と二桁に届きませんでした。第2話ではさらに下降したことで、はやくも“失敗”の声が漏れ聞こえてきます。確かに2人のビジュアルは最高なのですが、ストーリーに不満を抱く人が多いようですね。ミステリーなのに“謎解き”する楽しみが欠けているのも理由のようです」(エンタメ誌記者)

 ネット上では「初回で第2話は観るのやめた。吉川のファンしか興味ないのでは」「そもそも横溝正史の世界観を現代に持ち込むのは難しい。結局、吉川のカッコよさを見せるしかないドラマ」「脚本が雑では。第1話の犯人役の女優さんが重症を負ったのに、次の場面ではもう家にいて吹いた」「キャストがもったいない。楽しみにしていたけど、脚本がひどくて話の流れに引き込まれない」など、主に脚本の出来の悪さを指摘する声が多いようだ。

 一部の口さがないネット民は「しょせんフジテレビのドラマ。話題性だけ」とにべもない。すでに同ドラマはクランクアップずみで、制作の関西テレビとしては推移を見守るしかないのかもしれないが、今のままでは、吉川晃司と志尊淳の“無駄使い”と言われてもしかたない!?

(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
海原ともこ、「ダウンタウンにタメ口で不快な若手芸人」発言で飛び交った実名!
2
芦田愛菜、新CMで「現場では見えてる?」ヒヤヒヤ声出たスカートめくれ場面
3
彼氏とお泊まり?浜辺美波、「ベッドで撮られた意味深な写真」にファン絶句!
4
日テレ岩田絵里奈、CA姿のミニ丈スカート奥“チラっと見せ”の「悶絶度」
5
ダウンタウンが関係?明石家さんまが紅白司会を断り続けたワケ