芸能

フワちゃん、リモート出演での存在感が半端ないと評判爆上げ中!

 コロナ禍により様々な番組で演者がリモート出演するなか、YouTuber芸人のフワちゃんがその存在感を大きく示しているという。

「常にカメラ目線で待機していないとならないリモート出演は、ふだんのスタジオ収録よりも緊張度が高く、なかなか慣れない芸能人が少なくありません。その中でフワちゃんはいつものハイテンションな振る舞いを見せつつ、抑えるべきところでは静かにしているバランス感覚の良さも発揮しており、もはや“リモート芸人”と呼べるほどの適性を見せています」(テレビ誌ライター)

 彼女がリモート出演に向いている理由には、お団子頭とカラーヘアピンを常用するファッションも役立っているようだ。リモート中継ではワイプのような小さい画面に表示されている時間が長く、見た目の特徴が薄いと埋もれてしまいがち。その中でフワちゃんはシェイプでも色合いでも一目で見分けがつくため、テレビ的な絵作りには実に向いているのだという。

「しかも彼女は派手な見た目やブッ飛んだ発言とは裏腹に、意外にインテリな一面もあります。東洋大学の文学部では中国哲学文学を専攻。そこで学んだ中国語は中国人観光客と『私のネイル、可愛いでしょ?』といった会話を交わせるほどの腕前です。今年5月10日に放送された特番の『あたらしいテレビ 徹底トーク2020』(NHK)では、テレビ東京の佐久間宣行プロデューサーや脚本家の野木亜紀子といったテレビ界の重鎮と並んで出演。そこでも物怖じせずにフワちゃんらしい発言を連発し、このトークを『七人寄れば文殊の知恵を超えるかも』と表現したところはさすがでした。見た目でもトークでも存在感を発揮できるのですから、もはや“リモート収録時代の寵児”ということもできそうです」(前出・テレビ誌ライター)

 そんな才能あふれるフワちゃんが、ホンの数年前までは売れないお笑い芸人だったというのだから、まったく、運命というものは本当にわからないものだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラブリ、「書類送検のタイミング」で生じていた「外見の劇的変化」
2
「バイキング」坂上忍も呆れ返った?松嶋尚美、不織布マスクの仰天使用法とは
3
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声
4
フジ渡邊渚のGカップが狙われる?ファンが警戒する伊野尾慧のバスト好き疑惑
5
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?