芸能

観月ありさ、新ドラマで初の「悪役」は“怪演女優枠”狙い!?

 浜辺美波、横浜流星がダブル主演を務める日本テレビ系の夏ドラマ「私たちはどうかしている」に、観月ありさが出演することが判明し、話題を呼んでいる。

 同ドラマは、漫画誌「BE・LOVE」に連載中の安藤なつみによる同タイトルの漫画が原作。老舗和菓子店を舞台にしたラブミステリーで、15年前に殺害された先代当主の息子・高月椿を横浜が、その幼なじみで高月にプロポーズを受ける花岡七桜を浜辺が演じる。

 そんな中、観月は先代当主の妻で女将・高月今日子を演じるのだが、今日子は息子の椿のもとに転がり込んできた七桜をイビリ倒し追い出そうとする、かなりキャラの濃い役柄だ。

 観月といえば昨年暮れ、フジテレビ系で4夜連続で放送されたドラマ「アロハ・ソムリエ」に出演し、通算32回目、28年連続となる連ドラ主演を務めたことが話題となり、今年もその驚異的な記録更新が注目されているが、今回は脇役、それも初の悪役であることは意外とも言えるだろう。

「昨年、連続主演の話があまりにも広がり、ネット上でもその価値の意味に賛否両論まで巻き起こったことから、本人も嫌気がさしたとの話もあります。加えて、女優として大ベテランとなった今、キレイどころの役ばかりでは限界が来ている。そこで今、松本まりかや田中みな実、水野美紀などで注目される怪演女優ブームに乗り、役の幅を広げてみようということではないでしょうか」(テレビ誌ライター)

 43歳になったが、その美貌やスタイルは若かりしころとほぼ変わらない観月ありさ。はたして演技に関しては変化を見せることができるか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?