エンタメ

「7月9日に第3局」藤井総太、最年少タイトルに王手までの「7大極秘ファイル」!

 デビュー以来、怒濤の快進撃を続けてきた藤井聡太七段(17)への注目度が俄然高まっている。きっかけは渡辺明棋聖に挑んだ「ヒューリック杯棋聖戦」で2連勝を果たし、初タイトル獲得に王手をかけたからだ。

 五番勝負を終える7月中にあと1勝すれば、屋敷伸之九段が保持する18歳6カ月のタイトル獲得の最年少記録を大きく更新することになるため、3年前の29連勝を彷彿させるフィーバーぶりとなっているのだ。将棋関係者によれば、

「初タイトル獲得直後の対局となった7月1、2日の第61期王位戦七番勝負の第一局では藤井七段が木村一基王位(47)に95手で圧倒。先手の藤井七段が得意としている『角換わり』で積極的な攻めを見せ、木村王位がそれに受けて立つ形でスタートしました。中盤以降で藤井七段が優位に立ち、徐々に一方的な戦局に推移していきます。最後は“千駄ヶ谷の受け師”の異名を持つ木村王位が粘りをみせましたが、ひるむことなく押し切る形となった。会場が藤井七段の地元・愛知だったこともあり終始、泰然としていましたね」

 史上最年少のプロ棋士デビューから数々の最年少記録を塗り替えてきた。その強さの秘密は6月28日の棋聖戦にも存分に現れていたという。とりわけ、渡辺も意表を突かれる形となった第2局での四十二手目の「5四金」の指し口について、最年少タイトルホルダーで立会人を務めた屋敷九段も「セオリーを越えた新しい手を指す積極性が素晴らしい」と賞賛の声を惜しまない。

「セオリーではない手に控室でも驚きとどよめきの声が上がりました。駒を獲りにいく手としては強い手ですが、守りが崩れて相手に攻め込まれる恐れがありますので、実践では非常に指しにくいものだったと思います。形に違和感がありますので、よほどの自信がないと自分自身も指しづらくなります。結果的に、勝ちにつながったので大成功ですよ」

 この「5四金」は本来、守りを担う「金」が突如、攻撃に転ずるという想定外の一手だったのだ。これには、「魔王」の異名を持つ渡辺も動揺したのか、右手で眼鏡のフレームを触る様子は、指すなりすぐに席を立ったポーカーフェイスの藤井とは実に対照的に映ったものだった。

 デビュー直後の29連勝快進撃から3年あまり、その進化はもはや「異次元」レベルと評される。7月7日発売の「週刊アサヒ芸能7月16日号特大号」には、屋敷九段だけでなく“藤井キラー”の異名を持つ大橋貴洸六段や将棋関係者の解説をもとに、藤井の強さの秘密が隠されている、前出の「セオリーを越えた新しい手を指す積極性」を始めとした、「7つのファイル」について詳報している。藤井七段の最年少タイトルがかかった棋聖戦第3局は7月9日。熱戦への期待は高まるばかりだ。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
2
藤田ニコル、「年会費180万円マー君クラブVIP」への本音発言が賛否真っ二つ
3
タモリが語った「生活習慣の変化」と昔“バカにしていた”相手の実名!
4
日テレ滝菜月、リンボーダンスの“ぷっくり下腹部ライン”にファン妄想爆発!
5
「鶴瓶の息子」駿河太郎、2年以上の「ドロ沼裁判」急転和解の“ナゼ”