女子アナ

今年はSキャラに人気集中!?女子アナ「バストだけ総選挙」が敢行されたッ

 ウイズコロナの時代にテレビ界も様変わり。テレビの枠組からはみ出し、YouTubeを駆使するなど八面六臂に活躍の場を広げる女子アナが増えている。そこで、アサヒ芸能では、元気印の女子アナたちの「バストだけ」を定点観測。勝手に「バストだけ」総選挙を敢行する!

 まずは、芸能評論家の佐々木博之氏の乾杯、ならぬ完敗宣言からスタートだ。

「これまで人気になる女子アナの多くはドMが基本でした。男性司会者などにイジられ、突っ込まれて、恥じらい赤面する痴態を楽しむのが女子アナの王道でした。しかし、現状で人気を2分しているフリーの田中みな実と局アナの弘中綾香アナを見るとその正反対。どちらも男が好きな小生意気なSキャラなのが共通しています」

 春ドラマの話題を席巻したのは、ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレ朝系)で怪演した田中。ドラマでは男に馬乗りキスとやりたい放題。一方、好きな女子アナ1位の弘中も歯に衣着せぬ毒舌キャラが世論の支持を受けている。

 はたして、局アナ・フリーアナが入り乱れる“群雄割拠の”「バストだけ」総選挙の結果は…。7月7日発売の「週刊アサヒ芸能」7月16日号で詳細な解説付きで、大発表する。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
2
てんちむ、“秘部から液体吹き”についても明かした「ハンパない動画」過激度!
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
石川秀美が松本伊代を圧倒!56歳「バストは現役バリバリ」奇跡の膨らみ
5
「関係を持った女性芸能人は…」M-1芸人の衝撃告白に「スゲェ!」驚愕