芸能

暗黒時代も笑いに昇華!? 乃木坂46中田花奈の卒業発表にあふれた「感謝の声」

 残した功績は共演者ならなおさら感じるところだろう。

 乃木坂46の中田花奈が7月10日、自身がアシスタントを務めるラジオ番組「沈黙の金曜日」(エフエム富士)にて、グループからの卒業を発表した。番組終盤に「わたくし、卒業しま~す!」と、卒業発表とは思えないぐらい軽いノリで卒業を発表。その後は改まり、時折涙声になりながら「みなさんのおかげで、すごいやりたいことが叶えられて、みなさんのおかげでやりたいことできたし、アイドルとしてすごく満足していて、今すごくポジティブな気持ちだから、卒業をこの時期にと決めました」と、アイドルとしてやりたいことを十分にやり終えたことを卒業理由に挙げている。

 そんな中田は2011年8月に乃木坂に1期生として加入。現キャプテンの秋元真夏ら女子校出身メンバーとユニット「女子校カルテット」を組んだりと、約9年間グループに貢献してきた。

だが、メンバーの中でもなかなかの浮き沈みが激しいアイドル人生を送ってきたメンバーでもある。

「12年リリースの2ndシングル『おいでシャンプー』で自身初のフロント入りを果たし、早い段階で注目メンバーになり、この年9月に初開催された観客の投票によって出演キャストが選出される舞台『16人のプリンシパル』で全役を演じて、4位という好成績を残しています。そこで大学進学をあきらめ、乃木坂の活動に専念する一大決心をしたものの、その翌月に4thシングル『制服のマネキン』の選抜メンバーが発表されると初の選抜落ちを経験。その後すぐに選抜に復帰するも、以降は選抜落ちが続き、アンダー(非選抜)メンバーとして落ち着き、17年1月の17thシングル『インフルエンサー』で11作ぶり、実に約3年半ぶりに選抜メンバーに返り咲いています。まさに天国と地獄の両方を経験しているメンバーと言えるでしょう」(アイドル誌ライター)

 結局、現在も超人気メンバーという位置づけではないものの、頭の回転も早く、発言もおもしろいため、冠番組では欠かせない存在となっていたこともあり、ファンからは「主役級ではなかったかもだけど、間違いなくグループを支えてくれただけに残念」「かなりんが残した功績は大きいと思う」「頭も切れるし、今後も上手く芸能界を渡り歩くだろうな」など、感謝と卒業を惜しむ声が殺到している。

「冠番組『乃木坂って、どこ?』(テレビ東京系)では、初の選抜落ちを経験した際、初めて2週間まるまるオフをもらい、スマホゲーム『パズル&ドラゴンズ』を無課金で極めたことを明かすなど、自虐ネタで笑いを取っていたことが印象的でした。自身の暗黒時代を笑いに昇華するのは簡単なようでいて、プライドが許さなかったりもしますから、中田なりに腹をくくって活動していたんでしょう。『乃木坂って─』MCで、乃木坂とは結成当初からの付き合いであるバナナマンの設楽統も、中田の卒業を受け『ああいうメンバーって、なかなかいないし、トークがおもしろい。悲しいけどおめでとうって感じです』と、しみじみ語っていました。番組の進行側であればそのありがたみをなおさら感じていることでしょう」(前出アイドル誌ライター)

 コロナ禍のご時世とあって、卒業時期については未定となっており、卒業までにライブが開催されるのかも何とも言えない状況だ。ただ、もし卒業までにライブが開催されるとなれば、「おいでシャンプー」の名物コールであり、中田の名前が入った「ナカダカナシカ」コールで盛大に送り出してあげたいというのがファンの総意だろう。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
2
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
サッカー元日本代表「王様・中田英寿」は自ら演出した「策略」だった!チームメイトが明かす「嫌われ役」秘話
5
「函館記念」はオニャンコポンの1着固定!3連単平均57万円の超大荒れレースで買えない人気馬のガチ共通点