芸能

「ハケンの品格」、“復活掛け合い”好評も指摘された篠原涼子「リアル肉厚変化」

「お仕事コメディドラマ」として高く評価されている「ハケンの品格」(日本テレビ系)。特に7月15日放送の第5話では、およそ13年前に放送された前作で大好評だった大泉洋演じる「くるくるパーマ」の東海林武と篠原涼子演じる「とっくり」の大前春子との掛け合いが復活した。

 春子から「くるくるパーマ」と呼ばれていた東海林は「枯れたマリモ」「腐れマリモ」「不祥事(ふ東海林)課長」などとグレードアップした“ディスりあだ名”で呼ばれながらも、残業しないことをポリシーとしている春子が東海林を助けるために徹夜残業を敢行。

 東海林が見舞われたデータ改ざん疑惑を晴らすために、シュレッダーにかけられた100人分のアンケート用紙を「ジグソーパズル検定1級」という資格を活かして復元した春子と、それを後から知らされた東海林の絆が深まるというストーリーだったのだ。

 ネット上では「神回決定」「この2人の掛け合いあってこそのハケンの品格」「とっくりとくるくるパーマの今後の仲が気になる」といった声が相次ぎ、視聴率も13.1%を獲得。初回からキープしている視聴率2ケタを更新した。

「リアリティの欠如を声高に叫ぶ視聴者がいる一方で、篠原と大泉が演じる“とっくりとくるくるパーマ”が作り上げる関係性の深さを支持する視聴者は非常に多い。ネット上では一部のアンチ視聴者から『このドラマにおけるリアリティは肉厚に進化した篠原のボディだけ』との指摘もあがっています。確かに第5話でオンエアされた篠原を横から見たボディラインは、第1話と比べて確実に分厚くなっており、第1話では見られなかったボタンを留めることで生じた不自然なシワがスーツの背中に見えました。ただ、それもまた、春子が人間としてさらに厚みを増したと解釈してしまえばすみます」(テレビ誌ライター)

 大泉が帰ってきたことで、今後の篠原との絡みがますます気になるところだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
4
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
5
大島由香里、「耐え難いことがあった」離婚原因の吐露に見る小塚の“罪深さ”