芸能

「ハケンの品格」、“復活掛け合い”好評も指摘された篠原涼子「リアル肉厚変化」

「お仕事コメディドラマ」として高く評価されている「ハケンの品格」(日本テレビ系)。特に7月15日放送の第5話では、およそ13年前に放送された前作で大好評だった大泉洋演じる「くるくるパーマ」の東海林武と篠原涼子演じる「とっくり」の大前春子との掛け合いが復活した。

 春子から「くるくるパーマ」と呼ばれていた東海林は「枯れたマリモ」「腐れマリモ」「不祥事(ふ東海林)課長」などとグレードアップした“ディスりあだ名”で呼ばれながらも、残業しないことをポリシーとしている春子が東海林を助けるために徹夜残業を敢行。

 東海林が見舞われたデータ改ざん疑惑を晴らすために、シュレッダーにかけられた100人分のアンケート用紙を「ジグソーパズル検定1級」という資格を活かして復元した春子と、それを後から知らされた東海林の絆が深まるというストーリーだったのだ。

 ネット上では「神回決定」「この2人の掛け合いあってこそのハケンの品格」「とっくりとくるくるパーマの今後の仲が気になる」といった声が相次ぎ、視聴率も13.1%を獲得。初回からキープしている視聴率2ケタを更新した。

「リアリティの欠如を声高に叫ぶ視聴者がいる一方で、篠原と大泉が演じる“とっくりとくるくるパーマ”が作り上げる関係性の深さを支持する視聴者は非常に多い。ネット上では一部のアンチ視聴者から『このドラマにおけるリアリティは肉厚に進化した篠原のボディだけ』との指摘もあがっています。確かに第5話でオンエアされた篠原を横から見たボディラインは、第1話と比べて確実に分厚くなっており、第1話では見られなかったボタンを留めることで生じた不自然なシワがスーツの背中に見えました。ただ、それもまた、春子が人間としてさらに厚みを増したと解釈してしまえばすみます」(テレビ誌ライター)

 大泉が帰ってきたことで、今後の篠原との絡みがますます気になるところだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
胸の先見えそう!ローラがシャツはだけショットを公開も「あざとい」評のワケ
2
加藤綾子が“入れられる直前”ベッド姿を公開!すっぴん不安顔にファン騒然
3
お嬢様アナ奔放下半身(4)野村彩也子、バストを武器に萬斎の威光も不要?
4
夏目三久 激怒報道から5年「有吉弘行との結婚」仰天内幕(3)夏目のあの騒動を有吉が笑いにしたことで…
5
吉岡里帆、「レンアイ漫画家」演技に「ゾワゾワする」「あのドラマの再来?」指摘!