芸能

ファーストサマーウイカ、「令和の下ネタ女王」な快進撃の秘密を大研究!(上)

 女優でタレントのファーストサマーウイカの快進撃が止まらない。昨年1月、初めてバラエティー番組に出演するや、コテコテの関西弁で毒舌を吐き散らし、下ネタ全開の爆笑トークが大ウケ。その勢いはテレビだけにとどまらず、今春からはラジオDJとしても才能を発揮している。底知れぬ彼女のパワーの源に迫る──。

「呼吸をするように下ネタが出てしまう」

 そう公言しているファーストサマーウイカ。テレビで頻繁に見かけるようになってまだ1年ぐらいだが、「ヤンキー」「関西弁」「毒舌」の3要素が絶妙にマッチ。昨年暮れに発表された「2019年下半期・急上昇テレビ番組出演ランキング〈フレッシュ平成世代〉」(エム・データ調べ)では42回を記録、女性部門の1位に躍り出た。

 スポーツ紙記者が言う。

「大阪・京橋の出身で、高校卒業後に関西の『劇団レトルト内閣』に入団。当時は本名の『初夏(ウイカ)』で約5年間活動していましたが、13年5月に上京し、アイドルグループ『BiS』に加入した際『ファーストサマーウイカ』に改名しています。由来は『初夏』=ファーストサマーと読み、本名の『ウイカ』を足したもの。ダチョウ倶楽部の寺門ジモンのように、名前を2度繰り返すことでインパクトを与える狙いがあったようです」

 14年7月にBiSが解散。翌年に音楽グループ「BILLIE IDLE」を結成し、舞台や映画でも活動し続ける中、昨年1月に転機が訪れる。「女が女に怒る夜~2019年愚痴始めSP~」(日本テレビ系)で、バラエティー番組初出演とは思えないほどのトーク力を炸裂させたのだ。

「ファミレスのドリンクバーでなみなみ注ぐ女性などをブッタ斬り。飲み会の際、下ネタで盛り上げようとしたら、ほかの女性が知らないそぶりをしたため、『知ってる私が色情魔』という名言も残しました。そのあまりの話の“引き出しの多さ”に、くりぃむしちゅーの上田晋也から『次の人生、IKEAのタンスに生まれてこい』と突っ込まれたほど。この放送を機にテレビ番組への出演が増えていきました」(スポーツ紙記者)

 出演が増えると、悩みも増えるようで、番組のトークでスベッた時について、「もうアカン。この場で腹かっさばいたろかって思う」と、それすら笑いに変える圧倒的なパワフルさは衰え知らず。今年に入ってからもテレビに出ずっぱりである。

 アイドル評論家の小谷哲氏は絶妙なトークの魅力について、

「アイドルってハラハラしながら応援したいもの。ホンワカしたタイプの人が人気になり、逆にしっかりと自己プロデュースできるような明晰なタイプは、放っておいてもいいだろうとなりがち。アイドル時代よりも受け入れられているのは、毒舌ながらも親しみを覚える『本音トーク』でしょう。彼女の毒舌は相手を傷つけず、相手も生かす『オンナ版・有吉弘行』という感じでしょうか」

 と分析したものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
3
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性