芸能

小野みゆき、マリアン‥‥夏を飾ったキャンギャルたちは今こうしている!

 世良公則が歌う「燃えろいい女」に乗せて、79年に資生堂「ナツコ」のキャンギャルとしてデビューしたのが小野みゆきだ。野性的な顔立ちは強い印象を残したが、世に出る前に意外な秘話があった。

「海外へ長期ロケに飛んだらなかなか撮り終えることができず、帰国は当初の予定から大幅に遅れた2カ月半後。親族女性と2人で住んでいたアパートに帰ると、部屋がなくなっていました。

親族は『みゆきちゃんが帰ってこない! 不良になっちゃったよ!』と確信し、アパートの部屋を解約してしまったんです」

 華々しくデビューした時には、スーツケースで友人宅を転々としていたという。その翌年、同じ資生堂の「ピーチパイ」でデビューしたマリアンは、80年代当時の「こんがり肌」が求められる風潮と戦ったという。

「肌が弱いから強い日差しは水ぶくれになっちゃうの。母にも『日焼けはシミが残るから』と言われてたし。だから必死で日焼けをガードしていた。でも当時のマネージャーには『色が白すぎて不気味だ』って言われたよ。そういう時代だったのかな」

 7月28日発売の週刊アサヒ芸能8月6日号では、ほかにもキャンギャル第1号となった前田美波里、大ブームとなったアグネス・ラム、美容家に転身した立河宜子、キャスターとしても活躍した山岸舞彩など、夏のヒロインたちの近況をまとめて伝えている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「シブがき隊転倒」「明菜に帰れコール」…歌番組の「放送事故」を全部バラす!
2
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
5
菅野智之に首脳陣が「困惑声」…原巨人“2位でもグダグダ”なチーム事情とは