スポーツ

柳葉敏郎、デーブ大久保の番組で送った「高校球児へのエール」が沁みる!

 巨人ファンとして知られる俳優・柳葉敏郎。若い頃には野球未経験ながら、現在は地元秋田県に本拠地を置く社会人野球のクラブチーム〈大曲ベースボールクラブ〉のアドバイザーを務め、選手として出場経験もある。その甲斐あってか、中井貴一主演で2015年に公開された映画「アゲイン 28年目の甲子園」に投手役で出演、堂に入った投球フォームを見せた。

 そんな柳葉が元プロ野球選手、楽天ゴールデンイーグルスでは監督経験もある大久保博元氏のYouTubeチャンネル〈デーブ大久保チャンネル〉の、7月9日投稿の〈【神回】野球人になりたかった…過去を明かす(ネタ多め)〉に出演、大久保氏と野球について熱く語った。大久保氏が野球の魅力を訊ねると柳葉は、

「攻撃と守備とのメリハリがある。その狭間にじっくりと駆け引きできるじゃん。ベンチと選手たちと…あの空気だよね。あれ人生なんだよね」

 すると大久保氏はさすが監督経験者らしく、こう受けた。

「勝負してる間に1番良くないのは慌てちゃう事、エラーしたとか、暴投放ったとか。あと、うろたえちゃうこと。監督はなんで替えたんだろとか、選手に心配させちゃったら、指針がずれて、みんなわかんなくなっちゃって。負けることを怖がるより、その2つ(慌てる、うろたえる)を起こさせないのが監督だと思ってやってたんですけど、野球ってそれが起きやすいじゃないですか。相手のヤジでも精神的に崩れる時あるし。それをいかに我々が守るか、ものすごい駆け引きですもんね」

 そして番組終盤、コロナ禍により高校野球の甲子園大会が中止になったことに対して、大久保氏が意見を求めると柳葉は、「彼ら(高校球児)が大人になって、お酒を飲むようになって、この歳になった時に、誰もが経験していないあの年(2020年)の話でしこたま盛り上がれるんじゃないかな、変な話だけどね」と謙遜を交えつつ語った。

 これに大久保氏が「先輩に殴られた話とか、しごかれた話って今めちゃめちゃ楽しいですよ。先輩、あれはないですよ、とか」と応じ、最後は柳葉が「その話が宝物になるはずなんだよね…にしてほしい」と願望を交えて語ったのだった。

 青春は1度しかない。その青春時代に悔しがってばかりいても前には進めない。野球に限らず、スポーツに限らず、それこそ子供から大人まで味わっているコロナの苦境。後で宝だったと笑っていられるよう柳葉から勇気を授けられた思いがした、心に沁みる回だった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)