スポーツ

柳葉敏郎、デーブ大久保の番組で送った「高校球児へのエール」が沁みる!

 巨人ファンとして知られる俳優・柳葉敏郎。若い頃には野球未経験ながら、現在は地元秋田県に本拠地を置く社会人野球のクラブチーム〈大曲ベースボールクラブ〉のアドバイザーを務め、選手として出場経験もある。その甲斐あってか、中井貴一主演で2015年に公開された映画「アゲイン 28年目の甲子園」に投手役で出演、堂に入った投球フォームを見せた。

 そんな柳葉が元プロ野球選手、楽天ゴールデンイーグルスでは監督経験もある大久保博元氏のYouTubeチャンネル〈デーブ大久保チャンネル〉の、7月9日投稿の〈【神回】野球人になりたかった…過去を明かす(ネタ多め)〉に出演、大久保氏と野球について熱く語った。大久保氏が野球の魅力を訊ねると柳葉は、

「攻撃と守備とのメリハリがある。その狭間にじっくりと駆け引きできるじゃん。ベンチと選手たちと…あの空気だよね。あれ人生なんだよね」

 すると大久保氏はさすが監督経験者らしく、こう受けた。

「勝負してる間に1番良くないのは慌てちゃう事、エラーしたとか、暴投放ったとか。あと、うろたえちゃうこと。監督はなんで替えたんだろとか、選手に心配させちゃったら、指針がずれて、みんなわかんなくなっちゃって。負けることを怖がるより、その2つ(慌てる、うろたえる)を起こさせないのが監督だと思ってやってたんですけど、野球ってそれが起きやすいじゃないですか。相手のヤジでも精神的に崩れる時あるし。それをいかに我々が守るか、ものすごい駆け引きですもんね」

 そして番組終盤、コロナ禍により高校野球の甲子園大会が中止になったことに対して、大久保氏が意見を求めると柳葉は、「彼ら(高校球児)が大人になって、お酒を飲むようになって、この歳になった時に、誰もが経験していないあの年(2020年)の話でしこたま盛り上がれるんじゃないかな、変な話だけどね」と謙遜を交えつつ語った。

 これに大久保氏が「先輩に殴られた話とか、しごかれた話って今めちゃめちゃ楽しいですよ。先輩、あれはないですよ、とか」と応じ、最後は柳葉が「その話が宝物になるはずなんだよね…にしてほしい」と願望を交えて語ったのだった。

 青春は1度しかない。その青春時代に悔しがってばかりいても前には進めない。野球に限らず、スポーツに限らず、それこそ子供から大人まで味わっているコロナの苦境。後で宝だったと笑っていられるよう柳葉から勇気を授けられた思いがした、心に沁みる回だった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラブリ、「書類送検のタイミング」で生じていた「外見の劇的変化」
2
「バイキング」坂上忍も呆れ返った?松嶋尚美、不織布マスクの仰天使用法とは
3
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声
4
フジ渡邊渚のGカップが狙われる?ファンが警戒する伊野尾慧のバスト好き疑惑
5
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?