女子アナ

テレ朝「ポスト弘中」はあの天然アナ?各局エースアナ「格付けバトル」現場!

 テレビ各局のエース女子アナを巡る“地殻変動”がいよいよ本格化しつつある。そのキッカケとなっているのがコロナ禍の長期化だ。広告費の縮小に加え、ソーシャルディスタンスも厳守しなければならないことなどで、現場は大混乱。

 そんな中で、エースアナの座を脅かす動きが一気に加速しそうなのである。「週刊アサヒ芸能」8月6日号では、その実情に迫っている。

 中でも本誌が注目しているのは、テレビ朝日。今や女子アナ人気No.1を誇る弘中綾香アナ(29)の後継者を巡る話題で持ち切りだというのだ。テレ朝関係者が語る。

「ここ数年、テレ朝で絶対的エースとして君臨している弘中アナも来年2月に三十路に突入することで、局内では『次世代の看板女子アナ』を探る動きが目立ってきているんです。その中で、『ポスト弘中の最右翼』と目されているのが『報道ステーション』に出演している森川夕貴アナ(26)なんです」

 バラエティーを主戦場としている弘中アナに対し、報道畑の森川アナは持ち味のキャラクター自体が正反対ではあるが…。

「弘中アナは10月からレギュラー化する『あざとくて何が悪いの?』を任されていることでもわかるように、徹底した『あざといキャラ』。ですが、森川アナは正反対の『ド天然キャラ』なんです」(前出・関係者)

 エピソードに事欠かない、彼女の逸材ぶりの全容も含め、各局のエースアナとその座を脅かす後輩との「格付けバトル」の現場と、その行方について、7月28日発売のアサヒ芸能8月6日号で詳細にレポートしている。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
2
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察
5
「ドジャースVSパドレス」韓国開幕戦で「山本由伸先発」が決まったのは巨額放映権料の特権