芸能

上沼恵美子、「えみちゃんねるケンカ降板説」を「ラジオで全否定」の複雑反響!

 タレントの上沼恵美子が25年間司会を務めてきた「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ)の最終回が7月24日放送され、平均視聴率(関西地区)15.1%で幕を下ろした。上沼からの特別な挨拶はなく「1000回を超えて続けることができたのは、支えて下さった視聴者の皆さまのおかげです。本当にありがとうございました」との一文がテロップで流れただけだった。あまりに突然の終了だったため、同局に対して上沼がブチキレたことによる降板であると囁かれていたが─。

 その渦中の上沼が7月27日、「上沼恵美子のこころ晴天」(ABCラジオ)に出演。「快傑─」の番組終了について「私のライフワーク」だったと明かし、関西テレビとのケンカについては否定。同局に対しては「感謝しかない」と謝意を表し「笑ってるけど、寂しいんですよ。『えみちゃんねる』は一番の宝、好きな番組でした」と心境を吐露した。

 関西で多くの視聴者から支持されていた「快傑─」。視聴者からは「ただただ残念です。本当におもしろかったのに…」などの惜しむ声や「恵美ちゃんありがとう。楽しかった」と上沼への感謝の声もあった。

「その反面、ネット上には『25年も続いた番組なのに、後味悪い終わり方』『視聴者あっての25年でもあったんだから、挨拶ぐらいあってもよかったと思う』など不満や批判的なコメント、上沼に対する『晩節を汚してほしくない』といった意見もありました」(芸能ジャーナリスト)

 はたして、視聴者の声は上沼の耳に届いているのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
2
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
3
「Hバスト」清水あいり、「“あそこ”は英語で?」クイズへの反応とヤバイ回答!
4
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
5
矢田亜希子の“アンダーウエア”透けてる!?バストのボリュームアップが原因か