芸能

山里亮太、「妬みキャラ」に火をつけた「お笑い第七世代」へのマジ脅威とは!?

 お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が7月25日、トークバラエティー「おかべろ」(関西テレビ)に出演。“お笑い第7世代”の脅威について語った。

 昨年6月、人気女優・蒼井優と結婚し、いまや全国区のMCを務めるようになった山里は、かつてはブサイク芸人として認知されていた。当時の妬みのターゲットは売れている同期芸人、特にキングコングだったそうだが、現在、妬みの対象としているのが勢いのあるお笑い第7世代だという。

 第7世代について山里は「恐ろしくないですか? すごいじゃない?」といい、「センスあるしさ。ネタのジャンル、カテゴリーってもう全部出尽くしたかなって思ってた自分が恥ずかしいぐらい、そんな角度、そんな温度のコントやるの? そんな漫才やるの? そんな組み合わせでやるのっていうのがゴロゴロいる」と新世代の感覚を絶賛。

 さらには「この第7世代、ちょうど僕たちが恐れおののいている人たちとの距離感があるから畏怖がない。センスがあって畏怖がないから、どんなすごいMCの方でも完璧に自分のパフォーマンスが全員できちゃう」と、大物MC相手でも物怖じしないことを指摘した。

 また山里は「ぺこぱ」が人を傷つけないツッコミを発明したように言われていることに対し、「オレ、オレ、2004のオレ、16年前」と自分がパイオニアだと主張してスタジオを笑わせたが、レギュラー番組14本を抱える今でも若手を意識しているあたり、山里もまだまだ上昇志向を失っていないのだろう。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
2
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?