芸能

山里亮太、「妬みキャラ」に火をつけた「お笑い第七世代」へのマジ脅威とは!?

 お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が7月25日、トークバラエティー「おかべろ」(関西テレビ)に出演。“お笑い第7世代”の脅威について語った。

 昨年6月、人気女優・蒼井優と結婚し、いまや全国区のMCを務めるようになった山里は、かつてはブサイク芸人として認知されていた。当時の妬みのターゲットは売れている同期芸人、特にキングコングだったそうだが、現在、妬みの対象としているのが勢いのあるお笑い第7世代だという。

 第7世代について山里は「恐ろしくないですか? すごいじゃない?」といい、「センスあるしさ。ネタのジャンル、カテゴリーってもう全部出尽くしたかなって思ってた自分が恥ずかしいぐらい、そんな角度、そんな温度のコントやるの? そんな漫才やるの? そんな組み合わせでやるのっていうのがゴロゴロいる」と新世代の感覚を絶賛。

 さらには「この第7世代、ちょうど僕たちが恐れおののいている人たちとの距離感があるから畏怖がない。センスがあって畏怖がないから、どんなすごいMCの方でも完璧に自分のパフォーマンスが全員できちゃう」と、大物MC相手でも物怖じしないことを指摘した。

 また山里は「ぺこぱ」が人を傷つけないツッコミを発明したように言われていることに対し、「オレ、オレ、2004のオレ、16年前」と自分がパイオニアだと主張してスタジオを笑わせたが、レギュラー番組14本を抱える今でも若手を意識しているあたり、山里もまだまだ上昇志向を失っていないのだろう。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
Tシャツをズボンに入れると…永野芽郁の「バスト突出」「透け肌着」大サービスのロケ現場
2
TBS良原安美が薄生地スカート張り付き事故!浮かび上がった「意外な下腹部のカタチ」
3
松井と高橋由にもうひとり…投高打低のプロ野球界をあざ笑う「90年代の巨人は3割30本を3人」の超重量打線
4
「ちむどんどん」よりも人気…96年朝ドラ「ひまわり」再放送の松嶋菜々子がすごい!
5
桑田佳祐の「挑発」に長渕剛が「ケンカをふっかけるなら相手をみろ」の全面戦争/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘話