芸能

安藤優子「グッディ」打ち切りで身の振り方に苦悩

 新型コロナの影響による広告収入の大幅減が、テレビ界の秋の改編期を襲っている。とりわけフジテレビで制作費カットの嵐が吹き荒れているようだ。やり玉に挙げられる大物キャスターの運命は──。

 苦境のフジでは、高額ギャラで制作費を圧迫する大物キャスターにメスが入り始めた。

 同局関係者が語る。

「来年3月に終了する『とくダネ!』は、局の方針を相談された小倉智昭が『そこまで苦しいならやめよう』と応じ、円満打ち切りとなっています。しかし、今年9月末にいち早く終了する『直撃LIVE グッディ!』の安藤優子(61)への通告は、決して穏便なものではなかったようです」

 同番組で年間のギャラ1億5000万円を稼ぐと言われる安藤だが、収入を失う以上に引っ掛かったことがあるという。なんでも「恩を仇で返す扱い」といきまいているのだ。フジ関係者が続ける。

「安藤にとって屈辱的だったのは『グッディ』を終わらせて前番組の『バイキング』を1時間延ばす新体制です。10月からは『グッディ』の制作スタッフが『バイキング』に駆り出されるとのことで、誰が見ても『安藤外し』の改編なんです」(フジ関係者)

 87年の「FNNスーパータイム」以来、30年以上フジに貢献してきた思いが強い安藤が、激しい憤りを感じたことは想像に難くない。

「クビ宣告を受けた際、彼女は無言かつ怒気を込めた表情で席を立ったと言われます」(フジ関係者)

 すでに番組終了まで2カ月を切ったが、安藤が現場で放つピリピリムードは今や、最高潮に達していた。

「以前からスタッフを厳しく叱責するのは日常茶飯事でした。安藤の当たりがきつすぎて、三田友梨佳アナが心労から番組を休養する事態もありましたが、今はそれ以上。収録のたび『プロの仕事をしなさい!』とカミナリが飛び、『ヘタなことを言ったらどやされる』と、スタッフは戦々恐々です」(番組関係者)

 もっとも、恨みを募らせる一方で、今後の身の振り方に関しては苦悩しているようだ。こんな耳を疑うような吐露も聞かれた。

「古いつきあいのスタッフとの雑談でポロッと『仕事がなくなったら仏門に入ろうかしら』と、出家宣言をしたというんです。女帝一流の強がりなのかもしれませんが、周囲をザワつかせています」(フジ関係者)

 秋からフジの別番組への起用説も浮上しているが、世俗とは一線を画してしまうのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
4
新たな火ダネに…ソフトバンク・山川穂高が逆転弾で見せた「どすこいポーズ」の嫌悪感
5
キャンプ地で阪神のハッピを着て歩き回り…大阪テレビ局にセ・リーグ球団から大ブーイング