芸能

「麒麟がくる」再開に大河ドラマ女優たちの艶シーンをイッキ見せ!

 沢尻エリカの逮捕劇で放送開始が遅れ、スタートして高い評価を得たと思ったらコロナ禍による撮影休止に追い込まれたのがNHK大河ドラマ「麒麟がくる」である。ようやく撮影も再開され、8月30日からファン期待のリスタートとなる。

 さて「麒麟がくる」の主要な女優陣には、悩ましい演技を見せてきたケースが多い。映画評論家・秋本鉄次氏が解説する。

「戦災孤児のお駒を演じている門脇麦は、何と言っても『愛の渦』(14年、クロックワークス)での欲望が強すぎる女子大生役ですね。公開当時はまだ無名で、第一印象は『美人なのかそうじゃないのか、不思議な女優だな』でした。まさか『ここまでやるのか!』と、声を出しそうになったほどです」

 伊呂波太夫を演じる尾野真千子は、やはりブレイク前の「真幸くあらば」(10年、ティ・ジョイ)で禁断のシーンを見せている。

「今で言うならリモートプレイですね。月明かりの下、遠く離れた恋人を思い、一糸まとわぬ姿で身をくねらせていました」(前出・秋本氏)

 大河ドラマの歴史を振り返ると、多くの名女優たちが戦国武将の正室や側室を演じて火花を散らしている。 滝田栄主演の「徳川家康」(83年)では、家康の側室として、秀忠・忠吉の聖母となる「お愛」を演じた竹下景子が印象的。そのお宝映像を、映画ライター・松井修氏によれば、「クイズ番組で大人気となる直前に」「祭りの準備」(75年、ATG)に出演し、暗がりではあったが、完脱ぎを見せているという。

「当時『お嫁さんにしたいNo.1』と呼ばれた清純派女優の貴重なシーンです」(前出・松井氏)

 8月25日発売の「週刊アサヒ芸能」9月3日号では、他にも大河ドラマの歴史を飾ったヒロインたちの妖艶シーンを大特集している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
水卜麻美がリバウンド?「ニットが小さ過ぎ!」Gカップへのボリューム増
4
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛
5
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”