芸能

佐々木希 夫・渡部建の不祥事挽回のため「体当たり芸」で復活(2)熱湯風呂や熱々おでんは?

 家族を食べさせるべく、なりふり構ってなどいられない。みずから行動を起こして変顔も披露するしかない、とでも決意したのだろうか。

「いや、佐々木がみずから動いたというよりは十中八九、渡部の指導でしょう。『笑点』の舞台上でのことですから、渡部の土俵です。『すれ違いコント』を構成してきた男にとって、これぐらいの寸劇の指南はプロ中のプロ。夫婦はすれ違わないように、公私のシナリオを練っているはずです」(張本氏)

 となれば、自身は表立って活動できなくなった仕掛け人の思惑で、佐々木のバラエティー番組出演は加速するのか。もともと「ぐるぐるナインティナイン」(日テレ系)の人気企画「グルメチキンレース・ゴチになります!」にも出演するなど、バラエティー耐性は以前からあった。

 芸能評論家の竹下光氏が話す。

「今回、佐々木があそこまでやったことで、バラエティー番組の制作サイドもこれまで躊躇していたような過激な企画をオファーしやすくなったはずです。佐々木サイドとしても、もともと好感度が高かったうえに、不貞夫を許して支える献身妻としてバラエティーに出演することで親近感が高まれば、ギャラのいいCMオファーにつながるというメリットもあります」

 変顔以上にハードルが上がっても、佐々木は「ヨゴレ芸」に身をやつしていく覚悟はあるのか。

「どこまでのヨゴレが許されるのか。例えば、ゆーとぴあのゴムパッチンはありでも、ダチョウ倶楽部の熱湯風呂や熱々おでんはNGといった線引きは、あくまで渡部の判断でしょう。暴かれた本性とは違うスマートでドライなコントを作り上げてきた渡部ですから、矢面に立つ美人妻に必要以上のヨゴレイメージは付けさせないと思います」(張本氏)

 ところで、バラエティー番組への本格参戦に注目が集まる一方、佐々木は9月2日発売の女性誌「an・an」の表紙とグラビア、インタビュー記事に登場した。グラビアでは透けドレスやブラトップ姿などのセクシーショットも披露している。このタイミングで女性誌上で美ボディを公開したのは「あくまで女性支持層のさらなる強化」ということだろう。とはいえ、同誌では現在の偽らざる胸の内について、

〈今回のことがあって(中略)私自身も変わらなきゃ(中略)過去にとらわれて過ごすのは嫌だと思いました〉

〈経験は、糧にしないともったいない〉

 などと話し、男性の目も楽しませるセクシー路線へのかじ切りにも含みを持たせたのである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
2
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?