社会

五輪招致レースの舞台ウラ(1)挨拶を交わすことだけでも難しい“ロビー活動”

20130926e

 蓋を開けてみれば圧勝に終わった五輪招致レース。都庁関係者が「4年前、ロビー活動に失敗し、屈辱的敗戦を経験したことが糧になった」と話すが、選挙権を持つIOC委員94人が持つ票の獲得が全てだという。有名アスリートも巻き込んだ舞台ウラを総まくり!

 4年前の2016年五輪(リオデジャネイロ)開催の招致レースで苦い経験をしたマラソン五輪メダリストの有森裕子(47)。9月8日早朝の、IOC総会を生中継したNHKの速報番組にゲスト出演した席でも、東京開催が決定する直前に、「ロビー活動って言っても相手と挨拶を交わすことだけでも難しいんです」と、苦しい心中を吐露していた。日本テレビ関係者話す。

「翌日の『NEWS ZERO』に出演した時は、肩の荷が下りたんでしょう。最後のロビー活動の様子を語ってくれました。『福島原発の汚染水問題などで最後のプレゼンをするまで、大丈夫と思っている方々は少なかったと思う』とブエノスアイレスでの厳しい状況を振り返りながら、自身が、『空飛ぶ宇宙人』と呼ばれたセルゲイ・ブブカ氏の担当だったことも明かしていました」

“密命”は有森氏だけでなく、スピードスケート銅メダルの橋本聖子参議院議員はスケート競技出身の委員、バルセロナ五輪金メダリストの鈴木大地氏は競泳のカースティ・コベントリー氏ら元メダリスト、と細かく割り振りが決まっていたという。その徹底ぶりの裏には4年前の招致活動で屈辱的な敗北を喫した教訓があった。

「当時の招致委員会会長だった石原慎太郎前都知事は招致失敗直後に涙を流し、『総力戦でやらないとダメだと思った。IOC委員はみんな政治家でしたたか。当時のJOCの組織力では太刀打ちできなかった』と振り返っていた。何しろシカゴ開催を狙っていた米国でさえ過半数確実と読み、オバマ大統領も出席しながらの惨敗。それほど欧州中心のIOC委員の心中は読めないんです」(前出・都庁関係者)

 全94票(会長を含まず)のうち、いわゆる王族票は30で、ヨーロッパは40票。しかも無記名投票のため波乱を演出するという。全国紙社会部記者が言う。

「IOC委員への手土産は200ドルまで。表向きクリーンな選挙に見えるが、国や地域への支援という名の“お土産”がエスカレートし、ロビー活動も年々難しくなるばかりです。現在は複数のコンサルタント会社が動き、ウイニングボーナスが支給されるシステムになっているほど。各国ともIOC委員1名ごとに政治、経済、文化という複数のカテゴリーからアプローチをかけ、投票の依頼を働きかけるそうです。有力委員になると、経済ラインからだけでも有名企業数社が別々にその委員の母国への工場誘致という“お土産”付きで接触するなんてこともあるので、最終的に10方向からアタックなんてことも起きていました」

◆アサヒ芸能9/17発売(9/26号)より

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像
2
フジ渡邊渚、G…いやHカップ!?ニットバストで「デカすぎ!」の衝撃
3
太川陽介に不要論も!?テレ東「旅番組」新企画の気になる評判
4
フジ渡邊渚、待望の「Gカップ“たゆんたゆん”新動画」にファン歓喜!
5
西内まりや、「全裸監督2」グラインド騎乗シーン映像で飛び交う期待と不安の声