芸能

渡哲也や松田優作が大暴れした「昭和の刑事ドラマ」の激アツ場面!

「大都会」「西部警察」の主役だった渡哲也に続き、「太陽にほえろ!」の4代目新人刑事・ボンを演じた宮内淳も8月14日に亡くなっていたことがわかった。いずれも“昭和の刑事ドラマ”で鮮烈な印象を残し、今なお多くのファンを魅了している。

 渡を慕って「石原プロモーション」に入社し、「大都会」が初のレギュラードラマになった苅谷俊介が回想する。

「それまでの刑事ドラマは二枚目ばかり出ていたけど、悪役みたいな顔の刑事がレギュラーになったのは初めてじゃないかな。続く『大都会PARTIII』から派手なカーチェイスや爆破シーンが本格化して、僕らも自分の出番がない時は、道路に人が入ってこないようにガードしてたよ。今じゃあんなシーンは道路使用許可が絶対に下りない」

 苅谷は撮影中に夫人が病気で入院することになった。そのことを知った渡が「見舞いだ」と言って無骨に現金封筒を差し出した日のことを生涯忘れないという。続いて、急逝したボンこと宮内淳に続き、5代目の新人・ロッキーとして「太陽にほえろ!」に登場したのが木之元亮だ。

「オープニングで新人刑事が走るシーンはおなじみですが、もう足腰立たないくらい全力で走らされて、汗みどろになったところで『はい、じゃあ本番!』なんですよ。早く言ってよ~と思いましたよ」

 さらに萩原健一や松田優作から始まった「殉職シーン」も番組の名物。5代目のロッキーは壮大な提案をした。

「刺される撃たれるは先輩たちがやってきたので、思い切って『ロッキー山脈で死なせてほしい』と言ったんですよ。幸い、番組の10周年というタイミングもあったんで、七曲署の面々も一緒にカナダロケを敢行してもらえました」

 9月8日発売の「週刊アサヒ芸能」9月17日号では、ほかにも「Gメン’75」の倉田保昭や「特捜最前線」の誠直也など、昭和の黄金時代を知る“刑事たち”の貴重なインタビューが満載である。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
2
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
3
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
4
「函館記念」はオニャンコポンの1着固定!3連単平均57万円の超大荒れレースで買えない人気馬のガチ共通点
5
サッカー元日本代表「王様・中田英寿」は自ら演出した「策略」だった!チームメイトが明かす「嫌われ役」秘話