芸能

渡哲也や松田優作が大暴れした「昭和の刑事ドラマ」の激アツ場面!

「大都会」「西部警察」の主役だった渡哲也に続き、「太陽にほえろ!」の4代目新人刑事・ボンを演じた宮内淳も8月14日に亡くなっていたことがわかった。いずれも“昭和の刑事ドラマ”で鮮烈な印象を残し、今なお多くのファンを魅了している。

 渡を慕って「石原プロモーション」に入社し、「大都会」が初のレギュラードラマになった苅谷俊介が回想する。

「それまでの刑事ドラマは二枚目ばかり出ていたけど、悪役みたいな顔の刑事がレギュラーになったのは初めてじゃないかな。続く『大都会PARTIII』から派手なカーチェイスや爆破シーンが本格化して、僕らも自分の出番がない時は、道路に人が入ってこないようにガードしてたよ。今じゃあんなシーンは道路使用許可が絶対に下りない」

 苅谷は撮影中に夫人が病気で入院することになった。そのことを知った渡が「見舞いだ」と言って無骨に現金封筒を差し出した日のことを生涯忘れないという。続いて、急逝したボンこと宮内淳に続き、5代目の新人・ロッキーとして「太陽にほえろ!」に登場したのが木之元亮だ。

「オープニングで新人刑事が走るシーンはおなじみですが、もう足腰立たないくらい全力で走らされて、汗みどろになったところで『はい、じゃあ本番!』なんですよ。早く言ってよ~と思いましたよ」

 さらに萩原健一や松田優作から始まった「殉職シーン」も番組の名物。5代目のロッキーは壮大な提案をした。

「刺される撃たれるは先輩たちがやってきたので、思い切って『ロッキー山脈で死なせてほしい』と言ったんですよ。幸い、番組の10周年というタイミングもあったんで、七曲署の面々も一緒にカナダロケを敢行してもらえました」

 9月8日発売の「週刊アサヒ芸能」9月17日号では、ほかにも「Gメン’75」の倉田保昭や「特捜最前線」の誠直也など、昭和の黄金時代を知る“刑事たち”の貴重なインタビューが満載である。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
「孤独のグルメ」見た勘違いドライバーが続出!猛烈寒波の北海道での「観光地獄」
3
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
4
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
5
ウクライナ軍の「大規模奪還作戦」3月開始が判明!でもロシアに「勝ちすぎて」プーチンがヤバイ行動に…