芸能

有村架純、“肝っ玉姉ちゃん役”で2年ぶり民放連ドラ主演「重圧のワケ」

女優・有村架純が主演するドラマ「姉ちゃんの恋人」(フジテレビ系)が10月27日にスタートすることが明らかになり、大きな注目を集めている。

 このドラマは、高校3年生の時に両親を事故で亡くし、大学進学を断念し、以来ホームセンターで働きながら3人の弟を育てる主人公・桃子を有村が演じる。両親の死から9年が経ち、27歳になった桃子は、ある日、職場で恋に落ちるという、恋と家族愛の物語だ。

 今まで清純派のイメージが強かった有村が、今回は20歳、17歳、14際の弟たちを女手一つで育て上げる“肝っ玉姉ちゃん”を演じるという。

「脚本は、有村がヒロインを演じた朝ドラ『ひよっこ』(NHK)の岡田惠和氏。2人がタッグを組むのは6回目で、しかも岡田氏が脚本を手掛けた映画『阪急電車 片道15分の奇跡』の三宅喜重監督がメガホンを取るだけに、期待が高まっています」(芸能ライター)

有村自身も「肝っ玉姉ちゃんといえば、気が強くて口が悪くてという印象がありますが、それだけではなく、お父さん、お母さん、お姉ちゃんの3役をうまく融合させて、桃子というオリジナルキャラクターにしたい」と、意気込みを語れば、岡田氏も、「有村さん演じる桃子は、よく笑い、よく怒り、よく泣いて、よく食べて飲んで、よく働きます。地に足をつけてしっかり生きる桃子を見てるだけで、なんだか心がほぐれること間違いなし」と太鼓判を押している。

 しかし、今の有村の置かれた状況は、それほど楽観的なものではないと見る声もあるというのだ。

「『ひよっこ』の人気で国民的女優の仲間入りを果たした有村は、18年には話題作『中学聖日記』(TBS系)で主演を務めましたが、全話平均視聴率6.9%と惨敗。その後は、視聴率の関係ない『そして、生きる』(WOWOW)に出演するなど、民放GP帯の連ドラには出演していません。もちろん、視聴率が取れるかどうかは女優の力だけではありませんが、今回もし視聴率が取れなかったら、有村に対する評価が変わることになるかもしれませんね」(週刊誌記者)

 国民的女優の面目躍如となる活躍を期待したい。

(窪田史朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
4
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”
5
春の低視聴率女優が「肉弾サービス」で巻き返す(1)石原さとみはポッテリ唇に口紅を3回も