芸能

石原さとみを「女のカラダ」にした男たち(2)カメラマンとの危うすぎた関係

 ドラマ「アンサング・シンデレラ」(フジテレビ系)で、女優としての成長を見せつけている石原さとみの恋愛遍歴を振り返っていこう。

 06年に発覚した、担当マネージャーとの“チャリ2人乗り愛”のあと、しばらくおとなしくしていた石原だが、09年、ドラマ「ヴォイス~命なき者の声~」(フジテレビ系)と映画「人間失格」で共演した、ジャニーズ事務所所属の生田斗真との交際説が浮上した。

 その後、何の進展もなく後追い記事も出なかったことから、当時から、「映画やドラマの話題作りにすぎないだろう」とも言われていたが、ある芸能関係者は、「いや、あれは逆に怪しさ満点でした」と前置きしてこう話す。

「2人の食事デートがキャッチされたわけですが、当時、石原の所属事務所関係者は、この熱愛報道の火消しに躍起だったようで、『ヴォイス』の共演後も2人で食事に行く仲のいい友人関係を築いていたとの情報を週刊誌に流すなど大変だったとか。となると、短期間ながら深い関係にあった可能性は十分にあるのでは」

 結局、石原の恋はまたしても引き裂かれたわけだが、間もなく、なんと今度は7歳年上のカメラマン・江森康之氏との熱愛がキャッチされるのである。これがまたなんとも“イヤラし”かった。

「なんと、連日、彼の部屋から仕事へ向かう姿がバッチリ捉えられてしまいましたからね。しかも、ドン・キホーテで生活用品を買い物する、まさしく同棲カップルのような完全なリラックスモードの様子まで伝えられています。この江森氏は、熱愛説が飛び出した生田と共演した映画『人間失格』のスチールカメラマンを務めていたといいます。石原は、一つの現場で2人のオトコと関係を持っていたということになりますね」(芸能記者)

 当時の石原は、事務所の猛プッシュを受け、映画にドラマにと大忙しの日々を過ごしていたはずだが、その原動力こそ、才能あるオトコたちとの甘い時間であったのだろう。だが、さすがにドンキでの買い物シーンはファンを失望させ、またスポンサーからの信頼を大きく損ねることになったようだ。

「周囲が必死に守ってきた清純派としてのイメージは完全崩壊。不貞や不祥事ではないため、打ち切りにこそなりませんでしたが、出演していた多くのCM契約は更新されることなく終了となりました。大手企業の新規CM契約はなく、当時は事務所の先輩、さまぁ~ずと共演のパチンコ台のCMぐらいしか無くなってしまい、出演ドラマもゴールデンから深夜帯へと落ちていきました」(芸能記者)

 こうなっては、江森氏もさすがに身を引くしかなかったのだろう。またしても石原の恋は終わりを迎えることとなってしまった。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”