芸能

テレビ美女「天敵はアイツだ!」<指原莉乃⇒SHELLY>「あの人だけには勝てない」と戦意喪失

 バラエティー界の女王として君臨するタレントの指原莉乃(27)。彼女とて、あまりの高次元さに白旗を上げてしまう天才美女タレントがいるのだという。

 かつてAKB48の選抜総選挙で3連覇を達成し、現在は「坂上&指原のつぶれない店」(TBS系)でMCを務めるなど、バラエティー番組に引っ張りだこの指原。テレビマンの間では、代えのきかない存在として重宝されており、

「ダウンタウンや有吉弘行、坂上忍といった大物相手でも物おじせず、芸能だけではなく、政治や時事ニュースでも切れ味鋭いコメントを残すので、MCや準レギュラーとして大物から指名されることが多い。また、HKT48時代の後輩の面倒見がよくて、化粧品を東京土産でプレゼントするなど、姉御肌でも知られています」(テレビ局関係者)

 入れ代わりの激しいバラエティー界で、小島瑠璃子、朝日奈央、丸山桂里奈らライバルがひしめく中、さっしーと「因縁」があるのは、日本テレビの人気バラエティー番組「今夜くらべてみました」で共演しているSHELLY(36)だという。

「もともと番組スタート当初は、SHELLYが女性MCを担当していました。それが16年2月に産休に入り、指原が代打で出演していたんです。SHELLYの復帰後、指原も継続して出演していたのですが、男性MCの後藤輝基と徳井義実と合わせて、女性MCが2人もいることにネット上で疑問の声が上がり、指原不要論がささやかれていました」(芸能記者)

 それでもほどなくして徳井が自身の不祥事で出演を見合わせると、3人体制でようやく落ち着きを見せている。が、それもつかの間だったようで、再び指原とSHELLYの間で火花が散る出来事が起きていた。

「SHELLYは頭の回転が速く、台本を一読しただけで、的確なツッコミをするほど飲み込みがいい。昨年秋に離婚してから、それがパワーアップしているんです。離婚エピソードの自虐ネタで毎回、爆笑を起こし、仕事のオファーもさらに急増。無双状態のSHELLYを見て指原は『あの人だけには勝てない』と、悔しそうに周囲に漏らしていました」(前出・テレビ局関係者)

 さすがのさっしーも戦意喪失状態で、バラエティー界の女王のポスト交代が起こる日も近そうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
「孤独のグルメ」見た勘違いドライバーが続出!猛烈寒波の北海道での「観光地獄」
3
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
4
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
5
ウクライナ軍の「大規模奪還作戦」3月開始が判明!でもロシアに「勝ちすぎて」プーチンがヤバイ行動に…