芸能

橋本環奈“激太り”評価を一掃した!“たわわバスト”と“メリハリボディ”

 女優の橋本環奈が、9月12日発売のファッション情報誌「ar」の表紙を飾り、13日にオフショットを自身のツイッターに連投。その写真が大絶賛を浴びている。

 橋本は「昨日発売のarのオフショットがいっぱいあるので載せていきます。

写真選ぶのって難しいよね。

どれが良い写真か分かんない 自分が選ぶのと他の人が選ぶのって全然違ったりするよね? とりあえず何枚か載せます。。笑」とし、表紙に加え現場でマネージャーが撮影した写真8点を投稿した。

「中でも注目を浴びた一つが、白のタンクトップ姿でほぼスッピン状態の橋本をバストアップでほぼ真横から捉えたもの。肌の透明感は抜群で、バストの膨らみと渓谷がばっちり確認できます」(週刊誌記者)

 ネット上ではこれに《美くしすぎてヤバイだろコレ》《可愛いのにバストもっしっかりあって最強だよな》《マジで溜め息モノの美しさ…》といった声が上がっているが、中にはそれ以上に称賛の声が上がった写真があるという。

「同じくピンクのタンクトップ姿なのですが、こちらは腰のあたりまで捉えており、胴回りの細さからよりいっそうバストの大きさが強調されているんです。見る限り、サイズは推定DからEカップ。かなりのたわわ感が伝わってきますね。そのため重ねて、《かなりのボリューム感とクビレのメリハリ。完璧ボディとはこのこと》《環奈ちゃん、やっぱ痩せたよなあ。けっこう頑張ったのかな》といった声も溢れています」(前出・週刊誌記者)

 一時は“激太り”と囁かれ、揶揄とともに“1000年に一人の逸材”とされた過去を懐かしむ声もあった橋本だが、どうやら、ここへ来てそうした評価は吹き飛ばしてしまったようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」