芸能

フワちゃん 放送事故と「大物攻略術」(2)指原莉乃の「イチオシ芸人」

「フワちゃんはみずから『ユーチューバー芸人』という肩書を使用していますが、賞レースやバラエティー番組、芸人としてのネタで知名度を得たわけではなく、ユーチューブ発祥の新しいタイプの芸人と言えます。事務所所属の芸人としては芽が出なかったためフリーランスになり、ユーチューブでハチャメチャやっていたら、『おもしろい』と人気が出たのです」(芸能ライター)

 フワちゃんのユーチューブ番組のファンのひとりが指原莉乃(27)だった。フワちゃんのテレビ進出は、19年4月に「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系)でのゲスト出演がキッカケ。指原がフワちゃんを「イチオシ芸人」として紹介したのがおもしろいと評判になり、現在の活躍に結びついたわけだ。

 フワちゃんは基本、スポーツブラ&ミニスカート姿のため、乳首ポロリやパンチラなどのアクシデントもたびたび発生。

 20年元日放送の「第53回新春!爆笑ヒットパレード」(フジ系)では、中継リポーターとして登場したが、その胸の先には突起物が!本人いわく「寒くて乳首が立っちゃってたの(笑)」。また、5月25日放送の「アイ・アム・冒険少年」(TBS系)では、無人島ロケで海に潜って食材探しをしていた時に、一瞬だけビキニがズレて乳首が見える放送事故も‥‥。6月26日に投稿されたフワちゃんのツイッターでは、人気芸人のかまいたち2人の膝によじ登った、仲のよさそうな写真を投稿。フワちゃんのミニスカートの間から、白いパンツがモロ見えになっており、ネットがザワつくことに。スポーツ紙芸能担当記者によれば、

「露出度が高い割には、エロスがあまり感じられませんが、冷静に見てみると、意外にも程よく筋肉がついて引き締まった美脚の持ち主。バストもDカップほどあるので、衣装とメイクを変えれば、かなりセクシーに変身できるのでは」

 フワちゃんの有名なアクシデントといえば、お漏らしだ。中学生の頃から笑いすぎると我慢できずに漏らしてしまう癖があるというが、仕事に支障を来すことも──。

 8月23日放送の「24時間テレビ」(日テレ系)では、芸人のチョコレートプラネットや相席スタートなどと募金談議をしていた際、笑っていたフワちゃんが急に後ろを向いて、なんと、大量に漏らしてしまったのだ。

「相席スタートの山添が咄嗟の判断でフワちゃんの前に立ち、両手を広げた。そして相方のケイがスケッチブックでフワちゃんの足元を隠しました。その後『スタンバイ中につき、配信を一時中断しています』という画面に切り替わり、しばらくしてから画面が戻ると、フワちゃんの姿は消えていたのです。これは完全に放送事故でしたね」(スポーツ紙芸能担当記者)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芦田愛菜、ボディの“S字ライン”クッキリ急成長に「もう大人のオンナ」大絶賛
2
橋本環奈“Dバスト”がきつくて苦しい!?自ら明かした「肌着事情」
3
土屋太鳳、Gバストがくっついたり離れたり!弟・神葉に羨望の声が出た密着映像
4
本田真凜に「大人のオンナ」指摘…宇野昌磨との関係も納得の“経験済み”進化
5
羽田圭介、「バス旅」起用法の“異変”で現実味を帯びる田中要次の“卒業”