芸能

樋口可南子が高瀬春奈をバスト誘惑!/悦楽の「百合ベッド場面」大全(1)

 女性たちの秘め事には生々しい愛憎と体への欲望がほとばしる。その情景をみごとに活写した昭和の名画は多い。中には艶ビデオ顔負けのハードな場面も…。本誌厳選の作品群を以下─。

「男女のカラミよりも、女性同士の情事は、より『秘めたるものを見てしまった』という感覚が強く、興奮度が増しますよね」

 と話すのは、映画評論家の秋本鉄次氏。多くのベッドシーンを鑑賞してきたが、最も脳裏に焼き付いているのは「吉原炎上」(87年、東映)での百合シーン。名取裕子が二宮さよ子の「遊女レッスン」を受ける場面だ。

 真っ赤な寝具が重なった布団部屋で、真紅の襦袢にはかなげな美胸をあらわにした名取。つい情愛を覚えてしまった二宮は、緊張感で身を固める名取を後ろから抱きしめた。そして、ゆっくりと胸を弄ぶ。さらに、首筋や耳、そして硬くなった胸の先端に舌をはわせると、ついに名取も女同士の快楽に身を預けてしまう。

「教えるつもりが、二宮は本気になって愛撫するのですが、非常にねちっこくてソソられました」(秋本氏)

 ベッドシーンの巨匠・五社英雄監督作だけに、そのシーンは3分間にも及ぶ。実に“濃い”のである。

 一方、ベッドシーン事情に詳しい映画ライターの松井修氏が太鼓判を押すのが「卍」だ。谷崎潤一郎の同名小説を原作に、これまで4度も映画化されている。

 中でも、83年の映画「卍」(東映)が、最も艶っぽさの香り高く、「日本文学史上最高の」(松井氏)百合作品を再現したと評された。松井氏によれば、樋口可南子と高瀬春奈が、お互いに下半身用の肌着1枚の姿で、キスをしながら下半身に手を伸ばす「本格的な」百合絡みを見せているという。

 既婚者役の高瀬が出来心から万引きをする場面を、OL役の樋口が目撃。万引きがバレると、刑事の夫が職を失いかねない。されるがままに、高瀬は樋口に体を許す。

「初めて百合関係を結ぶ際に樋口が片方の胸を出して『吸うてみる?』と誘うのですが、その場面は非常に艶っぽかったですね」(芸能記者)

 その後、2人は逢瀬を重ね、樋口がタバコ片手に高瀬の愛撫に身を委ねるシーンはアンニュイの極みだ。

「スレンダーな樋口と、豊満な高瀬のコントラストがもうたまりません」(松井氏)

 百合関係を描いた作品をひもとけば、古くは60年代から存在した。先の「卍」が最初に映画化されたのは64年のことだ。とはいえ、ハードな場面はなく、百合シーンには厳しい時代が続いた。そんなご時世にあって貴重な作品と言えるのが「阿寒に果つ」(75年、東宝)だろう。五十嵐淳子(68)がお椀型のバストを初披露しただけでなく、百合シーンを演じたのだ。前出の秋本氏によれば、「吉原炎上」で名取に手ほどきした二宮が、この作品では五十嵐に“レッスン”。年上女性という立場から「こういう愛もあるのよ」とばかりに、「口づけを交わす」のだという。

 やはりより刺激的な百合関係を本格的に描いた作品は80年代になってから。「四季・奈津子」(80年、東映洋画)は公開前から話題沸騰した。烏丸せつこと阿木燿子のW脱ぎシーンのみならず、レズシーンも見られるとあって、試写室での盗撮を阻止すべく、持ち物検査を実施したほどだったという。

 ツンと上向く完璧な釣り鐘型の爆裂バストと、なまめかしい曲線を描くクビレ。圧倒的なボディの烏丸を自室のベッドにうつ伏せにさせて、全脱ぎ姿の阿木がマッサージでさするような手つきで背中に触れ、そのまま折り重なる。

「心臓の鼓動、合わせみようか」

 そんな阿木のセリフがロマンティックな妖艶さを漂わせる場面は、令和の現代においても垂涎モノとなっている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
長嶋茂雄、「“自身を引退に追い込んだ男”に陣中見舞い」秘話を中日OBが放談!
4
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ