エンタメ

台湾発“Fカップ爆裂バストコス”ピアニスト登録者161万人「神秘の艶魅力」!

 みずからド迫力バストをさらし、コスチューム姿でピアノを演奏する「Pan Piano」というYouTuber が大人気となっている。10月9日現在までチャンネル登録者数は161万人を超え、人気の動画は1100万回以上も再生されている。

 9月24日に投稿された動画では、ファイナルファンタジーVIIの「エアリスのテーマ」を演奏。もちろんその姿は同作の登場人物エアリス・ゲインズブールとそっくりだ。

「Pan Pianoが最初にYouTubeにピアノの演奏動画を投稿したのは2016年11月です。当初はふだん着で普通に演奏するだけでした。しかし、再生回数がなかなか伸びなかったのか、徐々にアニメの主題歌やゲームのテーマ音楽に移行。オタク層を意識するようになりました。この頃からニットの下にきつそうに収まっている巨大なバストに注目が集まるようになりましたね。さらにここ半年くらいは、肌見せ度の高めなコスプレでバストを積極的にアピールするようになり、一気に再生回数が数百万回にアップ。迫力のバストは恐らくFカップはあると思いますよ」(ネットニュースサイトライター)

 コメント欄には、〈この人、ピアノの演奏がすごく上手いよね。最初は感心して聴いていたけど、今ではバスト目当ての自分がいるw 次はどんなコスプレで登場するのか楽しみだ〉〈今年こそ水着で演奏してほしい。このバストは見応えあると思うわ〉〈バストもすごいけど、色白なんだよね。マジでイヤラしい身体してるわ。まさに理想的〉また、〈Panさんのすごいところ〉はバストとピアノの演奏だけで勝負してくるところだとしたうえで、〈顔を絶対にさらさないのも神秘的でいい〉と指摘するものなど、ファンからの絶賛の声が上がっている。

「実はPan Pianoは台湾新北市に住むピアニスト。幼少期から日本のアニメや漫画が大好きで、かなり日本通のようですね。アニメ『鬼滅の刃』のキャラクターのコスをして紅蓮華を演奏したことで、一気に注目を集め大ブレークしました。本人はできるだけ毎週コスチューム姿で演奏することを目指しており、これからも迫力のバストで楽しませてくれそうです」(前出・ライター)

 色白で抜群のスタイルのPan Piano。いまだ動画では顔を見せていないが、かえって顔出ししないことで神秘性が高まっているようだ。ピアノの演奏はプロ級だが、バストばかりに神経が集中してしまうのが難点かも!?

(ケン高田)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!