芸能

松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃

 新型コロナウイルスの感染拡大で来年に延期された東京五輪だが、どうやら来年も通常開催は難しいのではというムードも漂っている。五輪での金メダル獲得に人生をかけてきたアスリートとその関係者たちの混乱と失望は大きいが、芸能界にも「こんなはずじゃなかった」の思いを抱いている者は多そうだ。

 特に、今年の4月1日に歌手デビュー40周年を迎え、アニバーサリーイヤーを盛り上げる様々な計画を準備していた松田聖子は、どんな思いで、このコロナな日々を過ごしているのか、大いに気になる。

「6月からさいたま、大阪、愛知、福岡、横浜、東京の大会場ばかりをめぐるコンサートツアーが予定されていて、6月3日には、デビュー40周年記念アルバム『SEIKO MATSUDA2020』の発売が予定されていましたが、アルバムは9月30日に発売延期。コンサートも延期が決定し、現在も開催の見通しが立ちません」(音楽ライター)

 今年にかける聖子の本気度はかなりのもので、実際に気合が入りまくっていたことは彼女のオフィシャルサイトからもよく分かる。

「この40周年を、聖子は自分の存在をさらに大きくアピールする好機とにらんでいたのでしょう。話題作りにと、何と58歳の聖子の水着姿の写真がトップ画像に使われていたんです。南の島の強烈な日差しの下、ストライプの水着をつけた聖子が脇の下を丸出しにしてストローハットを両手でおさえてビッグスマイルを見せ、さらに白い砂浜を歩きながら髪をかきあげポーズを決めるショットも披露。もともとバストは大きくありませんが、控えめな渓谷と白く透き通るような美肌ぶりは、とても還暦目前には見えませんでした」(芸能ライター)

 4月1日には、YouTube公式チャンネルを開設。80年代にサントリーのペンギンのキャラクターのCMでおなじみになった、代表曲の一つである「SWEET MEMORIES~甘い記憶~」の新作MVが配信されていた。

「聖子本人が監督をつとめ、37年越しに制作された同曲初めてのMVでした。曲は、一部英語で歌われていた歌詞を全編日本語に翻訳をして再レコーディングしたもの。聖子本人がジャズバーの歌手に扮し、当時のペンギンのCMをオマージュしたもので、45歳以上の世代なら誰もがノスタルジーに浸れる仕掛けになっています」(音楽関係者)

 しかし、これもコロナの話題にすっかり埋もれ、ほとんど話題になっていないことには、「こんなはずじゃなかった!」の思いを強くしているに違いない。

 だが、これでシュンとなる聖子ではないだろう。

「聖子といえば、ここ数年は大晦日のNHK紅白歌合戦の常連です。令和初の紅白となった昨年は、トリ前に『Seiko Best Song Medley』で、アイドル時代からのヒット曲の数々を当時と変わらぬ若々しい歌声で披露。元気いっぱいでエネルギーに溢れていますから、コロナ明けにはさらに強烈な若返りに成功し、よりインパクトのある戦略をもって改めて自身の40周年を盛り上げてくるでしょう」(前出・芸能ライター)

 こんなことでへこたるようでは、とても永遠のアイドルの看板を守ってこれなかったのである。

 だが、そんな聖子にも、唯一の弱点であり、タブーともいえる存在がある。一人娘の神田沙也加のことである──。(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
2
徳川家康ブチ切れ!通行人にノコギリで首を挽かせた「極刑中の極刑」絶叫シーン
3
「富士山噴火」が危ない伊豆諸島「ベヨネース列岩」の不気味な海面変色
4
挨拶したのに…上沼恵美子がガン無視激怒した宮迫博之の「顔面イジリ」
5
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング