芸能

柴咲コウ、土曜ドラマ「35歳の少女」で号泣熱演の“本気事情”

 女優・柴咲コウが主演を務める日本テレビ系の土曜ドラマ「35歳の少女」の初回が10月10日に放送され、世帯平均視聴率11.1%と好スタートを切った。

 このドラマは、人気脚本家・遊川和彦のオリジナル作品。10歳の時に自転車事故に遭い植物状態に陥っていた主人公・望美(柴咲)が25年間の眠りから覚め、体は35歳、心は10歳というギャップを抱えたヒロインの成長を描く物語だ。

 目が覚めて見ると、大好きだった父・進次(田中哲司)は、事故後に母・多恵(鈴木保奈美)と離婚。かわいかった妹の愛美(橋本愛)は、ヤサグレ系30代女子。家族がバラバラになってしまっていることを知り、望美は号泣。まるで子どものように声を上げ、涙を流す望美演じる柴咲の熱演ぶりに、「柴咲コウの子どもの泣き演技はめちゃくちゃすごい」「ああ、この役は柴咲コウしかできないと思った」「私も泣きそうになった」といった声がネット上に寄せられている。

「2017年に大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)の主演を務めて以来、女優業から少し離れていましたが、今年に入り朝ドラ『エール』(NHK)に出演するなど、再び女優業に力を入れている柴咲。遊川作品は、2015年の主演ドラマ『○○妻』(日本テレビ系)以来。今回のドラマには相当気合が入っているようです」(女性誌記者)

 しかし、それだけ真剣に取り組むのには別の理由もあるようだ。

「今年3月に所属していた事務所を退社して独立。さあこれからという時に、2016年に設立した柴咲自身が社長を務めアパレル事業などを手掛ける会社『レトロワグラーズ』が、新型コロナウイルスの影響を受けてピンチに。8月に発売された『女性自身』では、『私の会社守る』といった記事も報じられています。女優として輝くことが、事業再生への近道と考えているのかもしれませんね」(芸能ライター)

恋愛や結婚についての動向も気になるところだが、当面は女優業にまい進する?(窪田史朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
5
巨人「外国人獲りまくり計画」にOBが声を荒らげ猛反論