芸能

逆効果だった?小島瑠璃子、「また筋トレ批判か」とドン引きされた“釈明出演”

 タレントの小島瑠璃子が10月15日放送のバラエティ番組「『任意同行』願えますか?」(日本テレビ系)に出演。またもやボディビルダーをディスったと話題になっている。

 小島は今年4月の動画配信で「筋トレって世界で一番意味分かんないんだよね」「筋トレじゃなくて、筋肉がつく何かをやればいいと思うの。ラグビーやってて筋肉がつくとか」などと発言。その後、発言を謝罪したものの「ムキムキが個人的にタイプじゃないだけなんだよぉ」などと言い訳したため、さらなる“炎上”に発展していた。

 この日の放送で小島は当時の発言を振り返り「言い方が悪くて。私が言いたかったのは同じ努力をするんだったら、その先に格闘技とか護身術とか技術が獲得できる鍛え方のほうがいいんじゃないか、筋肉鍛えた先に何かあったほうが同じ努力するんだったらそっちのほうがいいじゃんって、今も思ってるんですね。ただ努力をしている人のことを悪く言ったのはすごく反省していて、その方向で申し訳なく思っている」と釈明。一定の理解は示しつつも、いまだ納得できていないことを明かした。

「番組に登場したボディビルダーが『ボディビルの真髄はハートなんです。自分、己を超えていくためにはすごい良いことで、その精神力っていうのは並大抵じゃないです。競技にかけた熱い想いというのを伝えたい』と語ると、小島はそこでようやく『競技ということなんですね。ありがとうございます』と話していました。が、それでも『自分が筋トレやろうとは思えない』と、最後まで否定的な姿勢でしたね。その大人げない頑固さには視聴者もドン引きしたようです」(エンタメ誌記者)

 ネット上でも「それぞれ考え方があるんだから素直に認めればいいのに」「もうファンから嫌われてもなんも気にしないんじゃね」などと言った声が寄せられている。

 収録後、「ボディビルダーの人柄が素晴らしかったです! そして、私が想像以上に筋肉業界をざわつかせていたということが今日の収録で分かって…本当に良い機会をいただいたなと思いました!」とのコメントを残している小島。しかし、誤解を解く場としてこの仕事を受けたと思われるものの、その態度からイマイチ視聴者の理解は得られなかったようだ。(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
2
朝ドラ「おちょやん」初回から視聴率イマイチで今後も心配の“致命点”
3
瀧内公美、ドラマ「共演NG」「恋する母たち」より見たい完脱ぎ映画3作品!
4
ASKAがツイッターで突然の“ご乱心”!?一般人にからむ「謎発言」連発の怪
5
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ