エンタメ

正しい伊勢神宮ご利益参拝ルール(3)スタンプラリー的参拝はNG

20131010n

「心身ともに清らかな状態で参るために禊〈みそぎ〉を受けるのも一つの方法」との情報は、ガイドブックから抜け落ちている場合がままある。

「例えば、二見興玉神社〈ふたみおきたまじんじゃ〉で受けられる、海水を使った禊修法。古来より神宮の参拝者が二見興玉神社から二見浦〈ふたみのうら〉の浜に降り、禊を行う慣習がありました。日の出に合わせ、太陽を拝みながら海水で身を清めるのです。事前に申し込みをしておけば、誰でも受けられます」(井上氏)

 もう一つ、本誌が勧めるのは別宮参拝。ガイドブックにも「行くといい」とは書いてあるが、やはり内宮と外宮に比べて情報量が極端に少なく、ないがしろにされている感は否めない。

「ご利益にあやかりたいなら、内宮と外宮だけでなく、他の神域にも目を向けてほしい。ただし、スタンプラリーのように神宮125社を全て回ろうという野心はよろしくない。それこそガイドブックなどを見て、気になった神様を中心に数社、ゆったりと参るのがいいでしょう」(井上氏)

 例えば、月読宮〈つきよみのみや〉。曲がりくねった参道は神秘的で、境内全体が深い森に包まれている。一つの神域に4つの別宮が横一列に整列し、向かって左側から伊佐奈弥宮〈いざなみのみや〉、伊佐奈岐宮〈いざなぎのみや〉、月読宮、月読荒御魂宮〈つきよみのあらみたまのみや〉。親子神を同祀している神社はなかなかない。参拝順序は月読宮→月読荒御魂宮→伊佐奈岐宮→伊佐奈弥宮だ。

 伊雑宮〈いざわのみや〉は内宮の別宮。伊勢市駅から約40分の上之郷駅から歩いてすぐの場所にある。宿衛屋のそばに「オバケカボチャの木」とでも呼びたくなる樫の木が生えており、神気を吸った影響なのか、根元がこんもりと膨れ上がっているのだ。

 さて、ガイドブックといえば、観光スポット、グルメ情報も欠かせない。ところがこれまた、ダマされてはいけない情報が満載だ。

「伊勢は海の幸、山の幸に恵まれていて、何でもうまい」と地元商店主は胸を張るが、こうも話すのだ。

「ただ、最近は旬を知らない人が増えた。例えば伊勢志摩で獲れる伊勢海老は、4~8月は禁漁で、9月から漁解禁となる。つまり9月~3月に食べるものが、伊勢志摩で獲れた正真正銘の活き伊勢海老。それ以外の季節は冷凍、輸入モノと考えたほうがいい」

 アワビも要注意だ。旅行ライターによれば、

「旬は7月から8月。地元の漁協で会った海女さんも『夏に食べるアワビが一番』と口をそろえます」

 海産物は必ず旬を押さえるのが基本。「伊勢名物を一度に全部味わえる」と都合のいいことを言う店は、地のモノを出していない可能性が高い。伊勢グルメのつもりが韓国グルメだった‥‥なんてことも起こりうるのだ。

 なお、おかげ横丁にあるかの有名な「赤福」が月替わりで限定販売する「朔日餅」は、深夜3時から行列ができる異常な盛況ぶりだが、これはあくまでお土産用であって、中で食べる人はその必要なし。それを知らずに並ぶ人がいるというから気の毒な話である。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
水卜麻美がリバウンド?「ニットが小さ過ぎ!」Gカップへのボリューム増
4
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛
5
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”