芸能

健康的な肢体披露!紗栄子の艶HANDCLAP動画に「イイ女すぎる」の声

「ポテンシャルは高い! “伸びしろ(がある)”です」

 10月28日、都内で開かれたイベントに出席した際、今年9月に移住して現在の居住地である栃木県が今年の魅力度ランキングで最下位となったことを問われて、こう答えて笑いを誘ったのは、タレントでモデルの紗栄子。ダルビッシュ有の元夫人で、かつては「サエコ」や「ダルビッシュ紗栄子」名義で活動していた彼女だが、移住を機に、YouTubeチャンネル〈Sae Channel/紗栄子Official〉を開設していた。

 初回投稿は9月3日〈紗栄子、YouTubeはじめます!〉とタイトルされ、「道休(どうきゅう)紗栄子、33歳、バツイチ子持ち、二児の母です。よろしくお願いします」と、緑色の自然豊かな景色を背景に元気に自己紹介。

 栃木県那須にあるファームを自身の会社で経営することになったそうで、早朝から草むしりにも勤しむと言った活動を行っていることを紹介。素手でアブをつまむといった野性味溢れる意外な一面も見せた。

 そんな紗栄子が10月2日に〈紗栄子と一緒に踊ろう!2週間で10kg痩せるダンス【HANDCLAP】〉を投稿、二児の母とは思えないスレンダーな艶姿を披露していた。

 この回は紗栄子が手足を大きく使って跳んだり跳ねたりするエクササイズ「HANDCLAP」を踊ってみた…といった内容で、上半身は黒いタンクトップに長そでのシャツを羽織るウエスト見せ、下半身は黒いスパッツといった冒頭から艶っぽい姿でのスタートだったのが、ダンスの回を重ねるごとにファームの面々が加入して熱を帯び、ついに紗栄子は織っていたシャツを放り投げ、上半身が、タンクトップのみに。タンクトップは肩のところがヒモのように細いつくりで丈が短い。ウエストに加えて、肩、二の腕、腋といった健康的な肢体を披露。笑顔でダンスを完遂して見せたのだった。

 視聴者のコメント欄には「紗栄子さんの可愛さにやられました」「なんて可愛いの… 好きが止まらない」「何歳になってもキレイでスタイルも良くママもして… いい女過ぎるやろ!?こんな完璧な女性はなかなかいないね」と、紗栄子アゲアゲの声が目立つ中、「あんまり良いイメージがなかった(すみません!!)紗栄子さんのファンになりました」といった声もあり、イメージアップにつながったようだ。

その後も、10月28日までに、さらに7本の動画を投稿し、中にはファームを背景にして、着回しコーデを紹介する企画もあった。今後、那須のファームからどんな魅力を振りまいてくれるのだろうか?紗栄子のYouTubeにますます期待を寄せたい。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
2
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”