芸能

坂本冬美の「熱烈ラブレター」で桑田圭祐が楽曲提供!期待される「化学反応」

 サザンオールスターズの桑田佳祐が、早川義夫の「アメンボの唄」以来、23年振りにほかのミュージシャンに楽曲を提供することになった。その相手とは、「夜桜お七」や「また君に恋してる」などのヒットで知られる演歌歌手の坂本冬美だ。

 気なる楽曲は、11月11日にリリースされる「ブッダのように私は死んだ」。同曲は、桑田が坂本を主人公に見立てて描いた作品で、悲しくも美しい愛に生き、愛に死にゆくという世界観を表現しているそうだ。

 関係者によると、今回のコラボレーションは、坂本からの熱烈なラブレターから始まったようだ。

 そのきっかけは、2018年の「NHK紅白歌合戦」。この年に初めてサザンと共演した坂本は、そのパフォーマンスに圧倒され、感情が大きく揺さぶられたのだそうだ。年が明けた19年初春、坂本は楽曲制作の依頼をしたためた手紙を、桑田に宛てたという。

「坂本は、中学生の頃からサザンのファンで、デビュー当時から『いつか桑田さんに楽曲を手掛けて頂きたい』との夢を抱いており、今回『長年の夢が現実となった』と喜びのコメントを発表しています。一方の桑田も『冬美さんの素晴らしい歌声で、私の楽曲にポップでソウルフルな命を吹き込んでいただきました』とし、坂本の『魂の慟哭』を聴いてほしいとコメントしています」(芸能ライター)

 桑田と坂本が、どのような化学反応を示したか、楽しみな1曲となりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
3
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
4
戸田恵梨香のドラマ降板報道を吹き飛ばす「片バストがモロ見え」驚き映像
5
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”