芸能

三谷幸喜、22年大河キャスト発表開始も“ヒヤヒヤ”のぞかせた「不祥事」懸念

 11月13日、2022年放送のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の公式ツイッターが更新。脚本を担当する三谷幸喜氏の動画がアップされ、その内容が話題となった。

 三谷氏は動画で「今一生懸命書いているところです。期待していてくださいね。キャストもどんどん決まっております。主演は、北条義時に小栗旬さん。楽しみですね。たくさんの登場人物が出てきます。すごいキャストがどんどん決まっております」と報告。16日から5日間にわたりキャストを「小出しに小出しに」発表していくという。

「大河ドラマの出演者は通常、会見を開いて一斉に主要キャストを発表するのですが、こうしたSNSでの発表は初めて。“小出しに”というのも三谷氏らしいユニークなアイディアで、源頼朝や北条政子を誰が演じるのか、キャスティング当てが大河ファンの間でも盛り上がりそうです」(テレビ誌ライター)

 ただ、一方で三谷氏が最も恐れているのは、やはり昨今の芸能界にまん延する不祥事の勃発だろう。

「現在放送中の『麒麟がくる』では沢尻エリカが薬物絡み、その前の『いだてん』でもピエール瀧の薬物に加え、チュートリアルの徳井義実が多額の申告漏れ、18年の『西郷どん』で斉藤由貴が不貞と、ここ数年は出演者の不祥事が必ず起きていますからね。三谷氏は1月に『鎌倉殿』の脚本を担当することが発表された際、キャスティングについて『もしオレちょっとやばいかな? オレ、スネに傷を持ってるかなっていう人がいたら、ぜひ断ってください』と笑いを誘っていましたが、今回の告知も内心ヒヤヒヤなのでは」(前出・テレビ誌ライター)

 NHKでは今年4月から大河の出演者に対し、「潔白」であることを誓約する文書の提出を求めるとしていたが、その効果は果たして─。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
3
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
4
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」