芸能

TBSの予想を超える反発?日曜劇場で「日本沈没」に「感覚を疑う!」の声

 11月26日、TBSが来年10月期の「日曜劇場」枠で、「日本沈没─希望の人─」を放送することを発表。同時に、この主演を小栗旬が演じることも明かされたが、ネット上ではかなりの反発を生む事態となっている。

 小松左京氏によるSF小説「日本沈没」は、これまでたびたび映像化されてきたが、テレビドラマとしては1973年以来の2度目。今回は舞台を2023年の東京に置き換えアレンジされたストーリーとのことで、香川照之や仲村トオル、松山ケンイチに杏など、「日曜劇場」らしくキャスティングもビッグな顔ぶれとなっている。

 しかしネット上では、その出演者については好印象の反応が多いものの、《なぜこの時期に日本沈没?》《パニックものはいま観たくない》《日曜の夜、暗いドラマはカンベン。これだけの役者が揃うなら、もっと他にやれるドラマがあるだろう》などなど、「日本沈没」を取り上げたことに猛反発の声が上がっている。

 小栗は演じるにあたり、「ただでさえ苦しい環境の中、この題材は非常に難しいお話ですが、その中でも“希望”と“人間の強さ”を届けられるよう、自分を含めキャスト・スタッフ全力で希望を持って真摯に作品に向かっていきます」とは語ってはいるが…。

「TBS側もある程度の反発は予想していたようですが、《無神経》《感覚を疑う》など想像を超える批判に戸惑っているようです。今年のコロナ禍や、ここ数年の台風や集中豪雨被害、16年の熊本地震や11年の東日本大震災と、日本人が疫病や災害に敏感になっているいま、『日本沈没』をやる必要があるのかとの疑問は出て当然の話。原作では、京都や東京で巨大地震が発生し、富士山が噴火、次第に全国が海に沈み、最後は大爆発を起こして完全消滅する。作品としては“ありえなくはない”リアルさと恐怖が魅力なわけですが、それを追求すればなお嫌悪感を持たれる、苦しい制作となりそうです」(テレビ誌ライター)

 撮影進行のニュースがはいるたびに反発が起きそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるか、「Fバスト」が隠しきれない!四十路前でも“張り”最高潮の最新映像
2
高橋真麻が「奇跡の1枚」公開!ほっそりボディに“Gバスト”はまるで別人だッ
3
“Fバスト”がこぼれ出てる!?谷まりあ、「片パイ強調」事態に視聴者クギ付け
4
雛形あきこ、温泉ロケで見せた「Eバスト渓谷クッキリ場面」に視聴者クギ付け!
5
井上清華アナの次のエース!?フジ・藤本万梨乃のハイスぺ素顔と2人の“意外接点”