芸能

内田理央、“美バスト魅せ”サーフィン挑戦動画が激賞も意外部分にツッコミ!

 女優の内田理央が11月15日に公式YouTubeちゃんねる「だーりおCHANNEL」を更新。サーフィン挑戦企画の内容が“艶っぽすぎる”と話題になっている。

 動画は「【極みシリーズ】久しぶりだけど波に乗れるの?【サーフィン】」と題し、前回から3カ月以上経ったサーフィン挑戦企画の第2弾。内田は8月にアップした第1弾が好評だったので、またやりたいと思っていたと語ったが、季節が冬になってしまったことで「冬の海寒いし、遠いし、車の免許もないし…」と弱気になっていたことを告白。そこで今回は東京・品川にある人工ウェーブプール「citywave Tokyo」で挑戦することに。

 ここで披露した黒のウェットスーツ姿は、可憐な美バストやウエストのくびれなどスレンダーな身体のラインがよく出て、内田のスタイルの良さが一目瞭然。コメント欄にも〈波もやばいけど、だーりおも〉と前置きして、いろいろと艶っぽさが〈やばい!!〉という意味のものだったり、〈ボディスーツというの?水着?がピタッとしてるからスタイルの良さが際立ちます!〉といった声が挙がった。

 肝心のサーフィンは、プールの想像以上に激しい水の流れに挑戦前から不安と恐怖を隠せず、「死ぬかも」「怖い」「やるしかねぇ」を連発。

 1回目の挑戦ではバーにつかまりながらも見事波の上に立つことに成功したが、一瞬油断した隙に波に足下を取られ後方へ溺れるように流された。2回目ではバーなしで波の上に10秒立つことを目標に挑戦。なんと、あっさりとクリアできてしまい、コーチ役のプロサーファー大橋海人から「なんでできちゃうの!?」「やっぱすごいわ」と絶賛された。

「ウェットスーツ姿も良かったですが、準備を待つ間の“素”の不安そうな表情もドS心をかき立てられましたね。また、動画のサムネイルが本編に登場しない青のセパレートの水着姿だったため、それに釣られて動画をクリックしてしまった人も多かったようです」(ウェブライター)

 コメント欄にも〈サムネの水着ないんかい!〉〈サムネと違うので通報案件だw〉〈サムネのシーンないじゃん!!!〉とツッコむ声が多数。しかし、“釣りサムネ”のおかげか、再生数は過去の動画と比較しても伸びがよく、12月2日現在、まもなく11万回を突破する勢いだ。

 第3弾も“釣りサムネ”込みで期待したい。

(柏原廉)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
2
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
3
「ポスト水卜麻美」はショートカットにタプタプのバスト…小高茉緒の桃色天気予報が眼福すぎる
4
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」