政治

宮崎謙介〈政界“魑魅魍魎”ウォッチ〉「尖閣『腰砕け会談』の裏に派閥闘争」

 元衆院議員の宮崎謙介氏が足掛け5年の議員生活の経験をもとに、政治家ウオッチングやオフレコ話、政治にまつわる話を適度な塩梅で、わかりやすく「濃口政治評論家」として直言!

 いつどこから、思いがけず刃が飛んでくるかわからない世の中になりました。覚えのない人が背後からグサッという危険もあれば、隣で仲むつまじく話していた人がいきなり急変して攻撃してくる。僕も最近、グサグサやられましたが、ホントに世知辛い時代です。

 11月24日に行われた茂木外相と中国の王毅外相との会談は、まさにそうでしたね。王氏は会談中、にこやかに日本への感謝やビジネスの再開、日中関係の構築について前向きに話していたのに、最後に般若の顔に豹変。共同記者発表で、

「日本の漁船が絶え間なく釣魚島(尖閣諸島・魚釣島)の周辺水域に入る事態が発生している。我々は引き続き、自国の主権を守っていく。事態を複雑化させる行動を(日本は)避けるべきだ」

 などと語り、急にマウントを取り始めたのです。そこで茂木氏は呆然。何も反論せず、中国にしてやられた感が残りました。ネットでもすぐさま「ヘラヘラして終わった」など批判の嵐。実はあれ、中国語の同時通訳がすぐに伝えてくれず、何を言われたかわからないまま終わったせいで、ヘラヘラしているように見えたんだとか。とはいえ、自民党部会でも「日本が弱腰との印象を与えた」「沽券に関わる」との意見が出ているようです。

 そもそも尖閣諸島は12年に正式に国有化された日本の領土ですが、今もなお、中国は争いを仕掛けてきます。今年はコロナのどさくさに紛れてか、春節(旧正月)と台風時を除くと、ほぼ毎日、周辺海域をウロウロ。「ただ威嚇するだけで、実際に取られることはないのでは」と高をくくっていましたが、尖閣諸島を中国に取られてしまう懸念も出てきます。「取られたっていい」という国民もいますが、尖閣を失えば他の領土にも刃が飛んできて、なし崩しです。

 これは他者による織り込み済みのストーリーなのかもしれません。よく永田町で繰り返される、派閥内の足の引っ張り合い。少しでも派閥の発言権を落とす差し金という見方もあります。安倍前総理の桜の会の資金問題もそう。最大派閥の細田派=実質安倍派の権威を貶めるために、ここにきて特捜部と組んで安倍さんを陥れた、と話す評論家もいますし、そうなると次は竹下派。力を持っている竹下派に汚名を着せるために、対中国のレクチャー会議で「茂木外相はいつもどおりで。外交上のルールに従って対応すれば大丈夫ですよ」と。そう誰かが指南したのではないか、と読んでいる永田町の先輩がいました。

 茂木さんって自民党内部ではすごく強気で、官僚に対しても厳しいことで有名なんです。なのになぜ‥‥。外務大臣まで上り詰めたのに、この失態。ルールが大事というのであれば、せめて最初から目で闘う姿勢を示してほしかったですよね。中国は危険だと、政治に携わっていない国民ですらわかっているのに。

 河野太郎大臣なら、少なくとも仁王立ちでにらみつけていたのではないでしょうか。中国にやられっぱなしにならないよう、これまでさんざん国の偉い人たちは画策しているはずなのに、どうして同じような場面で引っ掛かっちゃうんですかね。もう同じ過ちを繰り返してほしくない。あっ。はい、僕もです‥‥。

宮崎謙介(みやざき・けんすけ):1981年生まれ、東京出身。早稲田大学を卒業後、日本生命などを経て、12年に衆議院議員に。16年に辞職し、経営コンサルタントや「サンデー・ジャポン」(TBS系)などに出演。「バラいろダンディ」(TOKYO MX)ではレギュラーMCを務める。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
4
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
5
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!