社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<手湿疹>「手洗いと手指消毒で皮膚トラブルが続出」

 新型コロナウイルス感染防止で、石鹸やアルコールなどによる消毒の機会が頻繁になった。そこで増えているのが「手荒れ」や「手湿疹」などの皮膚トラブルだ。特に「手湿疹」は、消毒で皮膚の保湿が損なわれ、手を拭くことによる摩擦により皮膚の表面を傷つけられ、湿疹を引き起こす。

 皮膚の表面の角質層には、水分を保ち肌に潤いをもたらすバリア機能があるが、アルコール消毒で皮膚に傷がつくと角質層がはがれ、肌が乾燥してしまうために発症するのだ。

 手の洗いすぎやアルコール消毒で荒れた皮膚は、表面の保護バリアが壊れることで、外的刺激に弱くなるため、薬の塗布による速やかな完治が難しい。むしろ、今までは刺激にならなかった、水や紙による摩擦でも手が荒れるようになってしまうからやっかいだ。

「手湿疹」の治療は、ステロイド剤と、手のバリア機能を保護するための保湿剤の使用がメインとなる。皮膚に亀裂ができていたり、ヒリヒリする場合には、ステロイド剤が含まれるテープで保護することもある。

 手はとかく、いろいろなものに触るため、皮膚を長時間保護する状態は難しい。対策としては、手洗いやアルコール消毒以外の場面で、できるだけ刺激を避けること。例えば、食器を洗う時や洗髪時などは、ゴム手袋を使用するといい。

 ハンドクリームをこまめに塗ることも大切だ。最近では「バリアクリーム」と呼ばれる、皮膚の表面をコーティングするようなクリームもある。特にカサカサがひどい時には、尿素配合のクリームを選ぶのもいい。尿素は硬くなった角質層を柔らかくし、新しい細胞に入れ代わる助けをしてくれるからだ。

 ただし、クリームを頻繁に使用することで悪化するケースもあるため、ひどい場合には皮膚科の受診が必要だ。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
2
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
3
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”
4
「人気急騰」明日海りお、宝塚ファンから聞こえてきた男役時代の“意外な評判”
5
芦田愛菜、「おっきい」「太い」発言に視聴者が敏感反応!滲み出始めた“色香”