芸能

伊勢谷友介、謝罪コメントも響かない…業界にソッポを向かせた“致命的発言”

 12月22日、9月8日に自宅で法律違反の薬物を所持していたとして逮捕された俳優の伊勢谷友介の判決公判が東京地裁で開かれ、懲役1年、執行猶予3年の判決が言い渡された。

 伊勢谷被告は判決公判後、弁護士を通じてコメントを発表。謝罪とともに、「今後、同じ過ちを繰り返し犯すことのないよう、これからの人生を歩んでまいります」、「今一度許される事があるならば、社会活動に勤しむ所存です。私が信念として持ち続けている『挫折禁止』の言葉の通り、自分の人生を諦めずに生きてゆきたいと考えております」としているが、世間の呆れかえった見方は変わらない。

 ネット上でも、〈芸能人の同じような謝罪、何度も見た〉〈この常套句ぶりは全然反省してなのでは?〉など冷めた声が続出しており、業界関係者も現時点では同じような見方だという。

「初公判では所持していた薬物について『法律違反なのでよくない』としながら、『使用するのは私の勝手。誰かを傷つける犯罪ではない』、『医療目的、嗜好品として認める国も多く税収もある』などとし、入手ルートも明らかにしない。あの彼独特の自信満々な物言いはマズかった。それが今回、手のひら返しで『同じ過ちを繰り返し犯すことのないよう』と言われても、そのまま受け止める芸能関係者はいませんよ。俳優としての演技力や人を引き付ける魅力は誰もが認めますが、表舞台に立ちたいとすれば、それは相当先のことになりそうです」(大手プロ関係者)

 となると、復帰はやはりYouTubeでの社会活動報告か。その反省ぶりをどう行動で示すのかが、これから注目される。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
森七菜、新CMで見せた“まん丸お椀型Eバスト”躍動に垣間見える「覚悟」
2
小泉今日子「略奪愛&政治色」を払拭する「桃色ステージ」(1)復活に水を差す不貞の代償
3
元巨人スコアラーが明かした松井秀喜の「不器用」と高橋由伸「無冠」の理由
4
宇垣美里がガチで狙われていた?ピスタチオ小澤、嫁との交際を拒んだ仰天理由
5
人気局アナ「No.1アイドル争奪」下剋上バトル勃発(2)日テレ・市來玲奈と岩田絵里奈に不仲説?