芸能

満島ひかり「完全独立」から3年で「閉店ガラガラ」裏事情

 現在、「完全個人事務所」で活動する女優の満島ひかり(35)。久しぶりに主演作が発表される一方で、業界内では「閉店ガラガラ」と揶揄される裏事情とは──。

 09年に映画「愛のむきだし」(ファントム・フィルム)でモントリオール・ファンタジア国際映画祭にて最優秀女優賞を受賞するなど、数々の賞を獲得。演技派女優として一目置かれる満島が独立を発表したのは、18年3月のことだった。

「『円満退社』を強調し、特に事務所側と揉めた話も聞こえてこなかった」(芸能記者)

 それから約3年が経過した今、佐藤健とダブル主演のオリジナルドラマ「First Love初恋」が22年にNetflixで配信されることが発表され、順風満帆のように思える。だが、前出・芸能記者はこう話すのだ。

「独立してから作品の出演は減り、20年はドラマ、映画の出演が0本でした」

 17年にはドラマと映画合わせて5本も出演していただけに、物足りない印象を受けるが、出演減少には、「降板騒動」も響いているようだ。

 フリーとして活動を始めてから3カ月後、宮藤官九郎が脚本・演出を担当するシェークスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」で、満島はジュリエット役が決まっていたのだが‥‥。

「みずから企画を持ち込んだにもかかわらず、主演舞台を降板。その理由も特に説明がなく、周囲から批判の声が噴出しました」(演劇関係者)

 満島の失態が尾を引く中、マネージャーをつけないスタイルに対しても、業界内で微妙な空気が流れている。

「代理店やプロデューサーに連絡先を伝え、クライアントとのメールなど満島が直接やり取りをしています。ただ、企画書を見て興味がなければ返信はなく、オファーした側は引き受けてくれるのか結論が出ないまま、待つしかないそうです」(前出・芸能記者)

 それもオファーを滞らせる原因となってしまったのだろう。この先、22年まで満島の演技を見ることはできないのだろうか。

「台本に書かれたセリフに納得がいかないと、脚本家と言い合うこともしばしば。作品の宣伝活動も苦手で、頼んでも断られることがあり、扱いにくい女優としても知られています。それでも満島の演技にホレて、仕事をしたいと熱望する監督は多いんですよね」(芸能プロ関係者)

 とりあえずは、気長に待つしかないようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“ヒップ誘惑”&“パン線”披露!インスタ写真が物語る「意気込み」
2
「Fバスト」高梨瑞樹、“マッパ&エプロンでポトフ作り”動画に艶ワード連想声
3
透けてる?吉岡里帆、ヒップ突き出し“ピタピタドレス姿”にファンがクギ付け!
4
「ハコヅメ」永野芽郁のバスト感触をガッツリ味わった俳優に羨望の声!
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ