芸能

満島ひかり「完全独立」から3年で「閉店ガラガラ」裏事情

 現在、「完全個人事務所」で活動する女優の満島ひかり(35)。久しぶりに主演作が発表される一方で、業界内では「閉店ガラガラ」と揶揄される裏事情とは──。

 09年に映画「愛のむきだし」(ファントム・フィルム)でモントリオール・ファンタジア国際映画祭にて最優秀女優賞を受賞するなど、数々の賞を獲得。演技派女優として一目置かれる満島が独立を発表したのは、18年3月のことだった。

「『円満退社』を強調し、特に事務所側と揉めた話も聞こえてこなかった」(芸能記者)

 それから約3年が経過した今、佐藤健とダブル主演のオリジナルドラマ「First Love初恋」が22年にNetflixで配信されることが発表され、順風満帆のように思える。だが、前出・芸能記者はこう話すのだ。

「独立してから作品の出演は減り、20年はドラマ、映画の出演が0本でした」

 17年にはドラマと映画合わせて5本も出演していただけに、物足りない印象を受けるが、出演減少には、「降板騒動」も響いているようだ。

 フリーとして活動を始めてから3カ月後、宮藤官九郎が脚本・演出を担当するシェークスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」で、満島はジュリエット役が決まっていたのだが‥‥。

「みずから企画を持ち込んだにもかかわらず、主演舞台を降板。その理由も特に説明がなく、周囲から批判の声が噴出しました」(演劇関係者)

 満島の失態が尾を引く中、マネージャーをつけないスタイルに対しても、業界内で微妙な空気が流れている。

「代理店やプロデューサーに連絡先を伝え、クライアントとのメールなど満島が直接やり取りをしています。ただ、企画書を見て興味がなければ返信はなく、オファーした側は引き受けてくれるのか結論が出ないまま、待つしかないそうです」(前出・芸能記者)

 それもオファーを滞らせる原因となってしまったのだろう。この先、22年まで満島の演技を見ることはできないのだろうか。

「台本に書かれたセリフに納得がいかないと、脚本家と言い合うこともしばしば。作品の宣伝活動も苦手で、頼んでも断られることがあり、扱いにくい女優としても知られています。それでも満島の演技にホレて、仕事をしたいと熱望する監督は多いんですよね」(芸能プロ関係者)

 とりあえずは、気長に待つしかないようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
西武「史上最速で自力V消滅」「借金20でアウト」松井稼頭央監督と平石洋介ヘッドコーチ「セットで退場」Xデー
3
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
4
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
5
テレ朝・斎藤ちはるがラグビー日本体表・姫野和樹とカメラも気にせず寄り添って…