芸能

BTSの「レコ大」受賞と2曲の披露に巻き起こる“大ブーイング”

 韓国の男性7人組グループ「BTS」が、12月30日に生放送される「第62回 輝く!日本レコード大賞」(TBS系)で韓国から2曲披露することが決定。休養中のSUGAは出演できないものの、6人で米ビルボードシングルチャート1位を獲得した「Dynamite」と「Life Goes On」の2曲をパフォーマンスするという。

 BTSはレコ大の「特別国際音楽賞」を受賞しており、ファンからは早くも期待の声が上がっているが、一方で韓国歌手の出演を疑問視する声も聞こえてくる。

 ネット上では「“日本”レコード大賞なのに、なんで韓国のアーティストが出演するのかわからない。どうなってるの?」「もういい加減、K-POP飽き飽きなんだけど。いくらアメリカでヒットしてるからって、日本じゃそれほどでもない」「DA PUMPのU.S.Aはアメリカの楽曲だから大賞を受賞できなかったほどだよね?なぜ韓国の歌手が賞を穫れるのか」「日本製品の不買運動してる国の歌手を出演させるのってどうなん?他にも国内でいい歌いっぱいあるでしょ」「何の権威も無い年末恒例の歌番組。TBS歌謡祭に改名したらどうかな」などと痛烈な批判声飛び交っている。

「BTSはアメリカで大ヒットしましたが、日本では政治関係悪化もあり、あまり話題になることはありませんでしたね。“縄跳びダンス”で話題のNiziUも反日バッシングにあい、韓国での正式デビューがいまだ決まらない状況です。そんな中でBTSが2曲も披露するというのですから、ブーイングが起きるのも当然でしょうね」(エンタメ誌ライター)

 レコ大では過去、西城秀樹の「YOUNG MAN」も外国人作曲のカバー曲だからという理由で審査対象から外されたことがある。BTSの出演に異議を唱える声が殺到しているのも仕方ないことかもしれない。(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋