スポーツ

「RIZIN出場」山本美憂、“夫と帰国できず号泣も妹・聖子は爆笑”の顛末!

 大みそかに行われた「RIZIN.26」に出場した総合格闘家の山本美憂。女子スーパーアトム級王座決定戦に出場したものの、浜崎朱加に1回1分42秒、ネックシザーズで敗れた。完敗の内容に、リングから下りた美憂は、やはり同日の試合に敗れた夫のカイル・アグォンに抱えられながら涙を見せた。夫と暮らすグアムで、コロナ禍によるロックダウン中もともにトレーニングをしてきただけに、勝利を得られなかったことに忸怩たる思いがあるのも当然か。

 ところが、そんな美優が敗戦時よりも号泣した出来事が試合後に起きたという。

「大会が終わり年が明け、美憂は夫とグアムに帰ろうとしたのですが…。成田空港で美憂だけ出国できず、夫と離ればなれになってしまったんです。コロナのために日本人が出国できない?そういうことではまったくないらしいんです」(格闘技ライター)

 これについて、美憂の妹で元レスリング選手の山本聖子が、自身のブログで真相を明かしている。

 聖子が1月3日に記したブログによると、彼女の夫のプロ野球選手・ダルビッシュ有投手とアメリカにいる聖子のもとに、日本の母からメールが届いたのだという。

 聖子は「美憂と旦那さんがグアムに帰るために成田に行ったのだけど、美憂だけ日本出国できず日本に滞在となりました」と報告すると、「ぷっ」と吹き出す表情の顔文字を載せ、「どうやらグリーンカード申請中に向こうを出てしまったからだそうな…」と、母から伝えられたアクシデントの理由を明かしたのだ。

「聖子さんによると、美憂さんは試合の翌日、日本在住の祖母の家に行ってランチをしたのだそうです。その後、旦那さんとグアムに戻るために成田に向かったところ、想定外の“アクシデント”に遭ったようです。美憂さんはグアムでグリーンカード申請中ということなのですが、申請中に出国してしまったためのようです」(前出・格闘技ライター)

 姉の犯した“凡ミス”に、呆れた聖子は「あ~あ」としか言葉が出なかったようであるが、続いて美優からの「成田で旦那と号泣の末に別れた」というメッセージが届くと、笑いが止まらなくなってしまったようである。

 結果、美優は2~3カ月日本に滞在しないといけないかも知れないとのこと。美憂の号泣にネットでは「間が抜けてるなあ…何やってるのか」「美憂さんもう40代半ばだよね。旦那と離ればなれになって号泣するほど悲しいのか?」「これからコロナがどうなるのかわからんが、無事にグアムに戻れるのだろうか?」といった意味の声が上がっている。

 聖子は「さあ、どうなる、姉家族…」とブログを結んだが、はたして美憂はいつ夫と再会できるのだろうか?

(石見剣)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
4
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」
5
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人