芸能

北方謙三氏、「加藤シゲアキに直木賞を受賞させようという機運」コメントの真意とは

 1月20日、東京・築地「新喜楽」で行われた第164回芥川賞・直木賞の選考会。芥川賞は宇佐見りん氏の「推し、燃ゆ」、直木賞は西條奈加氏の「心淋し川」となり両賞とも女性による受賞となった。

 今回の芥川賞・直木賞で注目を集めていたのが芸能人のノミネートだ。

 芥川賞はクリープハイプのボーカル・尾崎世界観が「母影」で候補に。直木賞はNEWSの加藤シゲアキが「オルタネート」でノミネートされていたが、いずれも受賞には至らなかった。

 そんな中、直木賞の審査員を務める作家・北方謙三氏による加藤についてのコメントが話題となっている。

 加藤の「オルタネート」について「私は非常に青春小説としてよく書けていると思いました」と評価した北方氏。

「これを強く推す委員も他にもいました」としたうえで「決選投票の前に加藤シゲアキに直木賞を受賞させようという機運が選考委員の中にあって、私もその一人でした」と明かしたのだ。

「北方氏のコメントを巡り、ネット上では『人気芸能人である加藤をエコヒイキしているのではないか』といった声が相次いでいるんですよ」とは文壇事情に詳しいライターだ。さらにこう続ける。

「多くのネットユーザーが引っかかったのは『受賞させようという機運』という表現。結果、加藤が受賞しなかったことで『出来レースにならなくて良かった』との書き込みもネット掲示板に散見されました」

 ただし、こうした“エコヒイキ説”について同ライターは「完全に早とちりです」とため息をつく。

「しっかりと北方氏の講評を読めば一目瞭然ですが、一言も『有名人だから』とは言っていない。加藤の作品が受賞レベルに達していたことで『機運』が生じたと明確に説明しているんです。完全に『ネットの切り抜き』による誤解ですよ」(前出・ライター)

 加藤の受賞も遠くなさそうだ。

(山倉卓)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
稲村亜美、雪中ドラム缶風呂に“タオル1枚”で隠し切れなかった「Eカップ」
2
真木よう子、「青のSP」で噴出「演技力とバスト激揺れは反比例」考察とは?
3
“清純派”高橋ひかる、突如の「三角エリア見え」衣装で指摘された“ウラ事情”
4
あわや放送事故!?高橋ひかる、「20分間スカート奥見え」の“騒然”瞬間とは
5
高岡早紀、肌見せまくり黒ワンピ写真公開も「気になるボディ変化」の指摘が!