芸能

西田敏行「俺の家の話」の「能の口上がうますぎ」反響で思い出すあの名曲!

 1月22日にスタートした長瀬智也主演の金曜ドラマ「俺の家の話」(TBS系)。このドラマは、重要無形文化財「能楽」保持者の人間国宝の父に反発して家を出てプロレスラーの道を選んだ主人公が、病に倒れた父の介護をきっかけに家に戻り、そこから介護と遺産相続を巡る激しいバトルが繰り広げられるというストーリーだ。

 長瀬演じる主人公・寿一の父で二十七世観山流宗家の能楽師・観山寿三郎を演じるのは西田敏行。役柄上、能の舞や謡を披露するシーンがあるのだが、西田のこの能、謡がうますぎると大きな話題になっている。

 ドラマでは、家族で集まるシーンで能の演目「羽衣」を唱和する場面が。寿一が「それは天人の羽衣とて」と謡うと、父・寿三郎が「やめろ。声に艶がねえんだよ。お前らはあれか、排水溝か」と叱咤。すると兄弟揃って同じ謡を謡うのだが、そのシーンを観た視聴者からは〈西田敏行さんの能の謡が凄い上手かった。謡、滅茶苦茶難しいんだよね〉〈西田敏行の能の口上がずば抜けて上手いの流石としか言えない〉など、驚きのコメントが殺到している。

「今やベテランの大物俳優というイメージが強い西田ですが、実は歌唱力も折り紙つき。1981年にリリースされたシングル『もしもピアノが弾けたなら』というヒット曲も出しています。この曲は、1981年に放送された西田敏行主演のヒットドラマ『池中玄太80キロ』(日本テレビ系)第2シリーズの挿入歌となり、その人気ぶりから西田は同年の『第32回NHK紅白歌合戦』に出場しています。西田はエルビス・プレスリーを始め、往年のロックンロールをプロ顔負けの歌唱力で歌うことでも知られており、歌のスキルが高いことも、能の口上もみごとにこなせたのではないでしょうか」(芸能ライター)

 さらにドラマでは、西田が“半マッパ”な姿で入浴介護を受ける姿も注目を集めた。高齢化が進んでいる世の中、避けざるを得ない親の介護がテーマとなっている同ドラマ。俳優たちの“意外な引き出し”も魅力の1つなのかもしれない。

(窪田史朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
2
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
4
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
5
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」